日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ロジスティクス・ソリューション  >  3PL(サードパーティー・ロジスティクス)  >  日本通運の3PL

日本通運の3PL

日本通運は、豊富なアセットやノウハウを有する総合物流企業として、高度な3PLサービスを提供。
お客様のニーズにも柔軟に対応し、最適なロジスティクス環境を構築いたします。

日本通運における3PLの特徴

豊富な経験

  • 総合物流事業者として、ロジスティクスに関する全ての業務に精通しています。
  • 物流を効率化するパッケージソフトウェアも完備しています。

フレシキブルな受注体制

  • 「自社の既存物流施設や要員を有効活用したい」というご要望にもお応えします。
  • 実際の運送業務や作業の請負を含む契約も可能です。

グローバルネットワーク

  • 国内だけではなく、海外にも多数の拠点を有しております。

NIPPON EXPRESS型3PL事業

日本通運の「NIPPON EXPRESS型3PL事業」は、Asset型3PL事業とNon-Asset型3PL事業双方の領域をカバー。
ワンストップで、お客様のニーズにお応えします。

特徴

  • 国内最大規模の倉庫面積。
  • 国内はもとより世界を網羅する陸・海・空の多彩な輸送モード。
  • 3PL事業を支援する自社開発の情報システム
  • グローバルロジスティクスを実現する海外ネットワーク

概念

Asset型・Non-Asset型両方のサービスをワンストップでご提供いたします。

Asset型 Non-Asset型
自社の保有する倉庫や配送ネットワークで培ったノウハウを進化させ、顧客に最適なロジスティクスを提案。ただし、倉庫系3PL業者は、輸配送機能の確保が必要。運送系3PL業者は、倉庫事業者との業務提携が必要となる。 自社で資産や設備を持たない業態。輸配送のネットワーク、流通加工、入出庫管理を行うセンターやこれらを管理する情報システムを、顧客向けに最適化し提供。ノウハウを提供するビジネスが基本となる。

日本通運の強み

3PL事業に必要な3つの要素

日本通運には、3PL事業の展開に不可欠な3つの要素、そのすべてが高いレベルで揃っています。

多彩な情報システム

日本通運では、3PL事業に不可欠な情報システムを自社開発、高度かつ円滑な3PL事業の実践をサポートしています。

3PL事業を支援する15の機能

15の機能を有機的に結合し、優れた企画力、設計力、アサイン力を実現、お客様に最適なロジスティクス環境を提供。それが日本通運の3PL 事業です。

3PL(サードパーティー・ロジスティクス)に関するお問い合わせ

プレ・コンサルティングは無料です。経験豊富なエキスパートが個別にご相談を受け付けます。