スマートフォン版を表示する
日本通運サイト内検索
  1. 日通トップ  >  総合お問い合わせ  >  よくあるご質問一覧(Q&A)  >  美術品輸送についてよくあるご質問(Q&A)

美術品輸送についてよくあるご質問(Q&A)

Q1:絵を送りたいのだが、何処に連絡していいのか解らない。

A:当社は美術品の定義として「代替がなくかけがえの無い文化的財産」と位置付けております。従って、専用の機材、資材、車両、スタッフを保有した美術品専業店での取り扱いとなりますので当ホームページにアクセス戴ければ該当店から連絡させていただきます。

Q2:絵を送りたい。すぐに引き取りに来て欲しい。

A:美術品を取り扱う店は限られております。限られた車両(美術品専用車)、熟練したスタッフで作業しますので予めの予約が必要です。

Q3:絵画を数点、送りたい。見積りして欲しい。

A:見積りを作成するにあたって、下記の情報が必要です。場合によっては、下見が必要となります。

  • 梱包状態・絵画のサイズ(LHW)・額装(どういう額?)か否か?
  • お引取り先・お届け先の住所・ご連絡先・ご輸送の目的・お引取り日、お届け日・作品の価格

Q4:絵画を海外に送りたい。どういう手段があるか。

A:航空輸送と船輸送がありますが絵画の輸送においては長期に渡って日数のかかる船便は作品に劣化が生じる恐れがありますのでお勧めできません。

Q5:海外で購入した絵画を日本に送るにはどうしたらいいか。

A:先ず、購入先にご相談ください。通常、購入先(画商・ギャラリー)では海外向けの輸送手段(輸送業者との取引)をもっております。当社は日本の空港に到着した時点からのお手伝いとなります。

Q6:骨董品を保管してもらえないか。保管料は。

A:地域によって、美術品収蔵庫(定温20℃〜22℃・定湿50%〜55%)があります。限られたスペースですので物量によっては、お預かり出来ない場合があります。保管料は地域によって若干変動がありますので、該当店から連絡させていただきます。

Q7:高価な美術品を送りたいのだが、保険の手配もできるか。

A:保険の手配は可能ですが作品リスト(評価額が記載されたもの)が必要となります。作品種別(絵画・壷・掛軸・仏像etc)、保険期間、評価額等によって保険料率は変わります。

Q8:展覧会を企画している。見積りをお願いしたい。

A:見積りを作成するにあたって、下記の情報が必要です。会場により作業条件の制約もありますので、該当店より相談させていただきます。

  • 作品種別(絵画・彫刻・掛軸・屏風etc)・点数、サイズ・作業内容(作品の借り出し〜梱包〜展示〜撤収〜返納etc)・保険の付保
  • 展覧会の期間、場所

Q9:取り扱いできない貨物はあるか。

A:車両に積載できないサイズの物、危険品、生き物、現金等になりますが、詳細についてはお問い合わせいただければ、ご案内いたします。

Q10:美術品の鑑定をお願いしたい。

A:美術品の鑑定はできません。

Q11:絵画の修復は可能か。

A:修復はできません。

Q12:美術品輸送の料金はどういう仕組みですか。

A:作品種別、作業内容によって料金は変わりますので営業店にお問い合わせください。

Q13:公募展に絵を出展したい。出来るだけ安く送る方法はないか。

A:美術品輸送料金については都度お問い合わせください。関係箇所へ連絡のうえ、ご案内いたします。

お問い合わせ

Webによるお問い合わせ

関連情報

法人のお客様向けサービス

日本通運 With Your Life