スマートフォン版を表示する
日本通運サイト内検索
  1. 日通トップ  >  会社情報  >  日通のCSR活動  >  環境への取り組み  >  共同集配・共同運行の実施

共同集配・共同運行の実施

トラックによる輸送が中心となる都市内では、物流によるCO2やNOx、PMの排出などに伴う大気汚染や道路交通の混雑が大きな問題となっています。こうした問題の多くは貨物の小口化によって配送の小口化が進み頻度が高くなっていること、トラックの荷さばき施設などの不足、集配のための路上駐車の増加などに起因するものと見られています。こうした状況の解決を目指し、排気ガスの削減や道路交通混雑の緩和を進めるとともに、トラックの積載効率を向上させることによって都市内および都市間物流の効率化を図るために、「共同集配」が推進されています。これは「共同配送センター」を設けて物流各社の集荷・配達を一元化するもので、そのための取り組みが各地で進められています。

共同集配の仕組み

図 共同集配の仕組み

関連情報

法人のお客様向けサービス

日本通運 With Your Life