日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  グローバルロジスティクス  >  品質・セキュリティ・環境マネジメント  >  グローバル人材育成

グローバル人材育成

日本通運のグローバルネットワークを支えているのは、一人一人のスタッフであり、彼らの品質が日本通運の品質になります。いま、日本通運ブランドの元で働くスタッフは、海外だけで20,000人以上。その大半が外国人です。日本通運では、海外進出後、約半世紀わたり、脈々と築き上げた彼らとの共有財産・「品質」の維持向上の為、国内のみならず海外の社員向けにも教育を実施しています。

海外業務研修員制度

制度の概要

入社5年以上の若手社員を対象に1年間(一部2年間)、海外現地法人・駐在員事務所に派遣し、実務研修を実施しています。制度開始は1964年。これまでの海外要員育成に大きく寄与してきました。毎年数人の派遣から始まったこの制度ですが、現在は、年1回、約50名を世界各地に派遣しています。派遣前後の研修も実施し、長いスパンで国際人材へ育てていきます。

これまでの経験者

これまでの経験者は累計で1,700人近く。帰国後は、重要な海外要員として、各地で活躍しております。経験者の中から、本社役員も誕生しています。

関連情報

関連商品・サービス

グローバルロジスティクスに関するお問い合わせ

日本通運が提供する商品・サービスに関する、お問い合わせ・ご意見をお受けしております。

お電話によるお問い合わせ