スマートフォン版を表示する
日本通運サイト内検索
  1. 日通トップ  >  グローバルロジスティクス  >  北米・中南米  >  クロスドック (ハブ&スポーク)

クロスドック(ハブ&スポーク)

日本、アジアから全米への混載コンテナをゲートウェイであるロサンゼルスに集約し、ハブからトレーラー輸送します。このスキームによって米国への海上輸送混載サービスを変革し、お客様から高い評価を頂いております。

米国向けクロスドック混載サービス(LAX集約)

他頻度・高速・定時運行サービスの実現

メリット1 多頻度

京浜(東京・横浜)発週5便!!
阪神(神戸・大阪)発週3便!!
名古屋発週2便

サービス頻度を向上、 より使いやすくなりました。

メリット2 高速/定時性

LAXより全米主要都市まで DAILYトレーラー輸送。
LAX-CHI 3日
LAX-NYC 5日
LAX-ATL 4日
LAX-DFW 2日

メリット3 安全性/高品質

  • 自社仕立専用トレーラー運行
  • カラー・バーコード・ラベルによる迅速・確実な作業
  • トレース機能とWEB上の情報提供

関連情報

関連商品・サービス

グローバルロジスティクスに関するお問い合わせ

日本通運が提供する商品・サービスに関する、お問い合わせ・ご意見をお受けしております。

Webによるお問い合わせ

日本通運 With Your Life