スマートフォン用サイトを表示

引越し時の家電リサイクル品のお引取りも日通にお問い合わせください

家電リサイクル品のお引取り

不要になった家電も引越しと合わせてリサイクルしませんか?

家電の中でも、「エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機」については、家電リサイクル法の対象製品となっています。処分する際には、購入先小売業者に引き取ってもらうのが基本となりますが、お近くの家電量販店でも引取ってもらうことができます。
当社でも引取りを手配することが可能ですので、詳しくはお問い合わせください。

家電リサイクル 3つのポイント

ポイント1家電リサイクル法とは

一般家庭や事務所から排出される家庭用エアコン、テレビ(ブラウン管・液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫及び洗濯機・衣類乾燥機の家電4品目について、廃棄物の減量と再生資源の十分な利用等を通じて、循環型社会を実現していくための法律です。この再商品化の仕組みを定めた家電リサイクル法(特定家庭用機器商品化法)は、平成10年6月に制定され平成13年4月から施行されました。

ポイント2それぞれの役割

消費者(排出者)の役割

消費者(排出者)は、家電4品目を廃棄する際の収集運搬料金とリサイクル料金を支払うことが義務付けられています。

収集運搬料金とは、家電小売業者が回収し家電メーカー等の指定引取場所まで運搬するために必要な費用です。料金は家電小売業者ごとに異なるため、引き取りを依頼するときに確認してください。
なお、ご自身で指定引取場所まで運搬する場合は、費用は掛かりません。指定引取場所は、(財)家電リサイクル券センターのホームページに一覧が掲載されていますのでご覧ください。

リサイクル料金とは、家電メーカー等がリサイクルするために必要な費用です。あくまでも参考ですが、大手家電メーカーの製品の場合、エアコン¥1,404程度、テレビ¥2,916程度、冷蔵庫¥4,644程度、洗濯機¥2,484程度となっています。詳しい金額については、(財)家電リサイクル券センターのホームページに各家電メーカーごとの料金一覧が掲載されていますのでご覧ください。

家電小売業者の役割

家電小売業者は消費者(排出者)から排出される家電製品を引取り、家電メーカー等に引き渡します。その際、家電小売業者は管理票(家電リサイクル券)を発行し、その管理票(家電リサイクル券)の写しを消費者(排出者)に交付します。

家電メーカー等の役割

家電メーカー等は家電小売店から引き取った家電製品をリサイクルします。例えば、家電リサイクルプラントに搬入された廃家電は、リサイクル処理によって、鉄、銅、アルミニウム、ガラス、プラスチック等を有価物として回収したり、エアコンや冷蔵庫に含まれる冷媒フロンや断熱材フロン(オゾン層を破壊したり、地球温暖化をもたらすガス)を併せて回収し、破壊します。

ポイント3不法投棄に対する罰則
家電製品等の不法投棄は近隣への迷惑になることはもちろん、しみだした重金属等の有害物質による土壌汚染など環境にも大きな影響を与えます。不法投棄は「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」(廃棄物処理法)によって固く禁じられており、違反した場合には、5年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金、又は併科となります。
また、依頼した不用品回収業者が悪質な業者であった場合、トラブルや犯罪に巻き込まれる恐れがあります。
家電製品は永く、大切に使い、役割を終えた後は家電リサイクル法に則って家電小売業者などに引き取ってもらいましょう。

お引取時の流れ

STEP1

引越しのお見積もり時に、当社へ家電リサイクル対象品目の引取りを依頼

STEP2

回収業者よりお客様へ連絡が入り、引取り日時を打合せ

STEP3

お約束の引取り日時に回収業者がお客様からご依頼の家電を受け取り、指定引取場所まで責任をもって運搬

※当社が手配する回収業者は、家電リサイクル法に則って処理を行いますので、安心してお任せください。

注意事項

エリアによりお引取りできない場合がありますので、事前にお問い合わせください。

その他、日通ならではの強みや特長、日通が選ばれる理由はこちら

引越しで冷蔵庫などの大型家電を引越し先に運ぶには準備が大切

― 家電リサイクル品のお引取り をご覧の皆様へ ―
日通のオプショナルサービスは、経験豊富な専門スタッフが引越しに伴って発生するエアコン工事や各種の電気・水道・ガス器具工事からハウスクリーニングまで、面倒な作業を責任を持って対応する様々なメニューをご用意しております。
また、不要品(粗大ゴミ)や家電リサイクル品の引取りについてもご相談ください。