スマートフォン用サイトを表示

引越しのプロ日通が食器類や小物、布団袋まで梱包・箱詰めのポイントを紹介します

梱包・箱詰めのポイント

さぁ! 引越しの準備に取り掛かりましょう。 用意するものは、

  1. ダンボール類
  2. マジック
  3. はさみ・カッター・ガムテープ
  4. 新聞紙・チラシ(器や細かいものをまとめたり、緩衝材として使用します。)
  5. ビニール袋(ゴミ袋として使用します。スーパーの袋でも大丈夫です。)
  6. ラップ・輪ゴム(液体の入ったびんや容器を包みます。)

ダンボールの上手な組み立て方 1.閉じる面を上にします 2.短い方から折り曲げます。 3.ガムテープを側面3cm以上出します。 4.さぁ、箱詰め開始!

食器類

食器を入れる際に重要となるポイント

  1. ダンボールS(または同等の小さめの箱)を用意する。
  2. ダンボールの底に、緩衝のためのクレープ紙(新聞紙)を丸めて敷く。
  3. 皿は立てて、コップ・茶碗は伏せて入れる。
  4. 大きいものから入れ、上段にはなるべく軽いものを入れる。
  5. 段と段の間にもクレープ紙(新聞紙)を丸めて敷く。
  6. 重心が偏らないように、均等に入れる。
  7. 食器が中で動かないように、隙間にクレープ紙(新聞紙)を丸めて入れる。

お皿

お皿をクレープ紙(新聞紙)の中央にのせ、四方を折り畳んでいきます。
包んだら伏せて重ね、ダンボールには立てて入れます。

コップ

コップをクレープ紙(新聞紙)の手前角にのせ、コップを一周丸めたら紙を折り込んで、さらに巻きます。最後に、飲み口側の紙をグラスの中に折り込み、ダンボールに伏せて入れます。

包丁

包丁は、刃の部分をダンボール紙で包み、抜けないようにテープで止めます。安全のため、包丁だとわかるように柄の部分は出しておきます。

バッグ・カバン

バッグやカバンは、中に丸めたクレープ紙(新聞紙)を詰めておくと、型崩れを防ぐことができます。

本・CD・DVDなど

本・CD・DVDなどは重いため、ダンボールS(または同等の小さめの箱)を用意し、6~7割程度を目安に詰めます。

ビン類

使いかけのものは、フタをしっかり閉めておきます。フタがきちんと閉まらない場合は、ラップかビニールで口の部分を覆い輪ゴムで止めます。ダンボールに入れた時、他のビンと当たる部分のクレープ紙(新聞紙)で巻きます。その時、ビンの底をクレープ紙(新聞紙)で折り込んで保護します。
ビンに入っているとわかるように、ダンボールの上蓋は開けたまま運びます。

布団

積み上げた布団の上から布団袋をかぶせ、布団を全部覆ったら、ひっくり返すと簡単です。布団袋の中には、割れ物や貴重品など寝具以外のものは入れないようにしてください。

引越しの荷造りを楽にするには日通にお気軽にご相談ください

― 梱包・箱詰めのポイント をご覧の皆様へ ―
引越しに役立つ豆知識をまとめた「引越知恵袋」や箱詰めなどの準備をスムーズにするコツを紹介する「荷造りのコツ」などのお役立ち情報をご紹介します。
また、他の人が感じた事前準備や引越し業者の選び方などの疑問をまとめたアンケート結果も!
引越しでわからないことや疑問に思うことの解決にご活用ください。