スマートフォン用サイトを表示

【リビング編】お見積もり無料!単身向けから家族向けまで引越しは日通におまかせください。

リビング編

家族みんなが集まるリビングは、散らかりやすくてお掃除が大変ですよね。
そこで、身近なものでパパッとできるカンタンお掃除テクをご紹介します。

素材・条件・環境の違いによって、効果に変化が生じたり、予期せぬ影響を及ぼす可能性がございますので、くれぐれもご注意ください。事前に目立たない箇所で問題がないかお試しいただいたうえで、ご利用ください。

1. お手製「カーペット」クリーナーでゴミを一掃!

カーペットにからまった髪の毛やほこりは、掃除機でもなかなか上手く取れないものです。そんな時はラップの芯と輪ゴムで、コロコロカーペットクリーナーをつくってみましょう。ゴムの摩擦力で、ゴミが気持ちいいほどごっそり集まります。

用意するもの

  • ラップの芯・輪ゴム7~8本

お掃除法

  1. ラップの芯に5cmくらいの間隔で輪ゴムを巻きつけます。(a)
  2. カーペットの上をコロコロと転がします。(b)
  3. 輪ゴムに集まったゴミは、ラップの芯からはずして水につけると簡単に落ちます。(c)

裏ワザ

ドライヤーを使って、簡単シールはがし。

とれなくなってしまったシールには、20cmほど離したところからドライヤーの温風をあてます。数秒温める程度でOK。熱でシールの粘着力がゆるんで、スルリとはがせます。

2. みかんの皮で、「畳」の黄ばみを解消しましょう!

柑橘類の皮を使って、黄ばんだ畳を元のキレイな色に戻す方法です。黄ばみ防止や畳の寿命を延ばす効果も期待できます。畳は湿気を嫌うので、雑巾はしっかりとしぼるのがポイントです。

用意するもの

  • みかんの皮5~6個分・雑巾

お掃除法

  1. みかんの皮を天日で乾燥させます。(a)
  2. 鍋に水とみかんの皮を入れ、沸騰させて15分くらい煮ます。(b)
  3. 煮出した汁で雑巾を固くしぼります。(c)
  4. 畳の目に沿って拭きます。(d)

裏ワザ

米のとぎ汁はフローリングのツヤ出しにGOOD!

お米のとぎ汁、捨ててしまうのはもったいない。とぎ汁を使って床を水ぶきしてみましょう。米ぬかに含まれる油分が天然のワックスとなって、床に自然なツヤが出てきます。

3. 洗剤&雑巾不要!「窓ふき」には古新聞が活躍します。

窓ガラスを磨くには古新聞が大活躍!新聞紙のインクが汚れを分解し、ツヤを出します。空気が乾燥した晴れの日はすぐに乾いて跡が残りやすいので、くもりの日に磨くのがコツです。

用意するもの

  • 古新聞・水

お掃除法

  1. 新聞紙を持ちやすい大きさにたたみます。(a)
  2. ぬるま湯で新聞紙を充分に濡らし、固くしぼって窓をふきます。(b)
  3. 乾いた新聞紙で、から拭きします。(c)

裏ワザ

取り外しがめんどうな網戸掃除は、新聞紙をはりつけて。

網戸のお掃除は、外側に新聞紙をはりつけ、中から霧吹きで水を吹きかけておきます。新聞紙が乾いたら取り外し雑巾で軽く水ぶきすれば、網目の中の汚れまですっきりキレイになります。

― リビング編 をご覧の皆様へ ―
引越しに役立つ豆知識をまとめた「引越知恵袋」や箱詰めなどの準備をスムーズにするコツを紹介する「荷造りのコツ」などのお役立ち情報をご紹介します。
また、他の人が感じた事前準備や引越し業者の選び方などの疑問をまとめたアンケート結果も!
引越しでわからないことや疑問に思うことの解決にご活用ください。