【急な転勤!少しでも楽に引っ越すなら】お見積もり無料!単身向けから家族向けまで引越しは日通におまかせください。

急な転勤!少しでも楽に引っ越すなら

引越しをする理由も様々ですが、その1つとして転勤があります。各都道府県に支店を持つような会社では、「来月から北海道支店に異動になったぞ」なんて上司から突然言われることもあるのではないでしょうか。
急な転勤で引越しをされた経験をお持ちの方がどの程度いるのか、アンケートを取ってみました

【質問】 急に転勤が決まり、引越しを余儀なくされたことがありますか?

【回答数】
ない:59% / ある:41%

転勤があっても引越はしたくない!?

アンケートの結果を見てみると、半数以上は転勤という理由では引越ししたことはないようです。

「引越しが大変なので、転勤のない仕事をしている。」
「転勤はあるが、場所が近いため引越しの必要がない。」
「電車で何とか通うことができ、自分の住み慣れている場所から離れたくないから。」

そもそも転勤がない仕事を望んでいる方も多いようです。住み慣れた場所からは離れたくないでしょうし、人間関係も変化させたくないと考える方の気持ちもよくわかります。

転勤が理由の場合も意外と多い?

転勤によって引越しを余儀なくされた方も4割ほどいることがわかりました。

「家賃の安い場所に引越しをしたが、その直後に転勤が決まってしまいショックだった。」
「引越しの準備期間が短かったため、徹夜で引越し作業をした。」
「身の回り品だけ持って引越しした。」

転勤の場合、準備期間があまりないことが多いようです。そのため作業をする時間が取れなかったり、挙句の果てには徹夜をするはめになったりと、苦労の多い引越しになってしまう方もいました。
その一方で、転勤を多く経験されている方は、家具や洋服、生活用品は最低限しか所持せず、日頃から大掛かりな引越準備をしなくても良い工夫を生活に取り入れている方もいました。

急な引越しでも慌てないようにするには?

今回アンケートを取った結果、引越しを伴う転勤をしたくないと考える方が多いことがわかりました。転勤で引越しをするということは、住み慣れた場所を離れ、友人とも別れ、準備もしなければいけないと、あまりいいイメージはないようでした。自分の意志で引越しをするのであれば、そうは思わないでしょうけれども、転勤を伴う辞令での引越しはネガティブな印象を持つことが多いようです。
大変な引越作業も、業者によっては家財(小物)の梱包まで頼めるサービスもありますので、それを利用することで少しでも楽な引越しになるかもしれません。

お時間のない方、荷造りの勝手がわからない方におすすめ、日通のえころじこんぽ「フル」・「ハーフ」

アンケート実施概要


  • ■調査地域:全国
  • ■調査対象:年齢不問・男女
  • ■調査期間:2014年10月23日~10月31日
  • ■有効回答数:100サンプル

準備・段取り


― 急な転勤!少しでも楽に引っ越すなら をご覧の皆様へ ―
引越しに役立つ豆知識をまとめた「引越知恵袋」や箱詰めなどの準備をスムーズにするコツを紹介する「荷造りのコツ」などのお役立ち情報をご紹介します。
また、他の人が感じた事前準備や引越し業者の選び方などの疑問をまとめたアンケート結果も!
引越しでわからないことや疑問に思うことの解決にご活用ください。