日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  株主・投資家の皆様へ  >  コーポレート・ガバナンス  >  施策の実施状況

施策の実施状況

1.株主総会の活性化及び議決権行使の円滑化に向けての取組み状況

  補足説明
株主総会招集通知の早期発送 株主総会の21日前に発送しています。
電磁的方法による議決権の行使 議決権行使サイトにおけるインターネット・スマートフォン・携帯電話による議決権行使を導入しています。
議決権電子行使プラットフォームへの参加その他機関投資家の議決権行使環境向上に向けた取組み 機関投資家向け議決権電子行使プラットフォーム(いわゆる東証プラットフォーム)を導入しています。
招集通知(要約)の英文での提供 株主総会の活性化及び議決権行使の円滑化に資するため、招集通知の英語版を作成しています。
その他 当社ホームページにおいて招集通知を日本語版・英語版ともに掲載しています。

2.IRに関する活動状況

  補足説明 代表者自身による説明の有無
アナリスト・機関投資家向けに定期的説明会を開催 2016年10月31日、第2四半期決算説明会において代表取締役社長が説明、質疑対応。
2017年5月9日、決算説明会において代表取締役社長が説明、質疑対応。
あり
海外投資家向けに定期的説明会を開催 2016年7月6日〜8日(米国)、2016年11月17日〜18日(英国)に、代表取締役社長が海外投資家を訪問。 あり
IR資料のホームページ掲載 アニュアルレポート、ファクトブック、決算短信、決算説明会資料、有価証券報告書、中期経営計画、報告書、IR カレンダー、CSR報告書、月次売上高情報等を掲載しています。
http://www.nittsu.co.jp/ir/index.html
http://www.nipponexpress.com/ir/index.html
IRに関する部署(担当者)の設置 経営企画部にIR担当を設置しています。

3.ステークホルダーの立場の尊重に係る取組み状況

  補足説明
社内規程等によりステークホルダーの立場の尊重について規定 企業理念・企業行動憲章・コンプライアンス規程において各ステークホルダーの尊重について規定しています。
環境保全活動、CSR活動等の実施 トラック中心の貨物輸送から鉄道・船舶を多用する輸送形態へと切り替える「モーダルシフト」へ取り組むとともに、トラックについては環境配慮車両を積極的に導入します。
また、梱包資材の省資源化を図り、倉庫や事務所においても省エネルギーの取組みを推進しています。
日本通運グループのCSRに関する考え方や取組みについて、ステークホルダーの皆様に分りやすく報告するために「日本通運グループCSR報告書」を発行しております。

関連情報

お問い合わせ

株式・IRに関するお問い合わせ

日本通運についてよくあるご質問(Q&A)