スマートフォン版を表示する
日本通運サイト内検索
  1. 日通トップ  >  株主・投資家の皆様へ  >  経営情報  >  社長からのメッセージ

社長からのメッセージ

経営情報 社長からのメッセージ

皆様には、平素より格別のご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。
このたび 代表取締役社長に就任した齋藤充でございます。
ここに謹んでご挨拶申し上げます。

日本通運は、本年10月1日に創立80周年という節目を迎えます。創立当初は、鉄道駅とお客様とを結ぶ貨物輸送、いわゆる通運業務を主体としておりましたが、今日では、全世界に様々な物流サービスを展開しております。この間、時代とともに激しく変化する事業環境に対応し、持続的な発展を図れたのは、ひとえにステークホルダーの皆様のご支援の賜物と心より感謝申し上げます。

近年、世界が様々な形でつながる社会の中で、日通グループは、世界の国々や地域において、物流を核としたサプライチェーンソリューションを提供して、あらゆるお客様のグローバル展開に貢献する「真のグローバルロジスティクス企業」を目指しております。その実現に向け、2016年4月よりスタートした「日通グループ経営計画2018−新・世界日通。−」で重点戦略として掲げている「エリア戦略」と「機能戦略」の遂行に、グループ一丸となって取り組んでおります。

エリア戦略における「日本」では、2017年5月に実施した国内ブロックの組織再編により、成長性・収益性が見込まれる分野への迅速な経営資源の集中を進め、組織が一体となった営業展開を行うことで、グローバル案件のさらなる獲得を図ってまいります。また、「海外」では、成長が見込まれる東南アジアにおいて、未進出国を含めたネットワークの拡充に向け、集中的に投資を行うとともに、欧米における事業領域の拡大にも積極的に取り組んでまいります。

機能戦略では、様々な輸送モードを組み合わせたネットワーク商品の総合的な企画・開発・販売促進を図り、営業力を一層強化してまいります。さらに、AIやIoT、自動運転等の新技術について、物流業界を新たな価値創造型産業へと転換・革新できる機会ととらえ、グループ全体で物流先端技術の実用化を主導し、業界における競争優位を確立してまいります。また、安全・安心を基本とした物流サービスを、世界中の人々に提供することで、社会的課題と持続可能な社会の発展に貢献してまいります。

これらの重点戦略を着実に実行していくことで、グローバル展開を強力に推し進め、さらなる成長と、より一層の企業価値向上を図り、皆様のご期待にお応えする所存でございますので、引き続き皆様のあたたかいご理解とご支援をお願い申し上げます。

2017年5月
代表取締役社長
齋藤充

関連情報

お問い合わせ

株式・IRに関するお問い合わせ

日本通運 With Your Life