輸出入にかかる税金(関税・内国消費税)について

船便や航空便で送ったお荷物は、次のような条件を満たせば免税扱いとなります。

※別送品(引越船便や引越航空便のこと)の申告を行っていること。
※帰国(入国)から6ヶ月以内に輸入すること。
※税関から個人的に使用するものと認められたものであること。(原則一年以上使用された身の廻り品)但しおみやげ品など新品の物は次の範囲内であれば免税となります。

 

免税の範囲(成人一人あたり)

品名 数量又は価格 備考
酒類 3本 1本760cc程度のもの


「紙巻たばこ」のみの場合 200本
  1. 空港の免税店や外国で購入した日本製たばこについては、外国製たばことは別に、左記の数量まで免税になります。
  2. 外国居住者が輸入するたばこについては、外国製、日本製それぞれの免税数量が2倍になります。
「葉巻たばこ」のみの場合 50本
その他の場合 250g
香水 2オンス 1オンスは約28cc
その他の品目 1品目毎の海外の市価の合計額が1万円以下のもの 全量 例えば、1本5千円のネクタイ2本は免税になります。また、この場合の1万円は免税枠20万円の計算に含める必要はありません。なお、「一品目」とは「携帯品・別送品申告書」品目欄の一欄に分類される程度の品目を指します。
その他のもの 20万円
(これらの品物の海外市価の合計額)
  1. 合計額が20万円を超える場合には、20万円以内におさまる品物が免税になり、その残りの品物に課税されます。
  2. 1個で20万円を超える品物、例えば、25万円のバックは25万円の全額について課税されます。
  • ※携帯品と別送品の両方がある場合には両方が合算されます。
  • ※未成年の場合は酒類とたばこは免税になりません。
  • ※6才未満のお子さまは、おもちゃなど明らかにお子さま本人の使用と認められるもの以外は免税になりません。
  • ※海外滞在中に使用していた衣服などの身の回り品や職業上必要とする携帯用器具(海外で取得したものを除く)は、上の表にかかわらず原則として免税となります。
  • ※海外市価とは、外国における通常の小売購入価格のことをいいます。
  • ※携帯品・別送品申告書の取得を忘れた場合、または税関職員により個人消費量を超過すると判断された場合は、一般商業貨物と同様の輸入通関となる場合もあります。
 

免税範囲を超える品物は次のように課税されます。

簡易税率が適用されるもの
(関税、内国消費税及び地方消費税を合わせた税率)

入国者の輸入貨物に対する簡易税率
品目 税率
アルコール飲料
蒸留酒(しょうちゅう等)
その他のもの(ワイン等)

300円/L(リットル)
200円/L(リットル)
その他の品物
(関税が無税のものを除く)
15%
(注1)
紙巻たばこについては、入国者が携帯し、又は別送するものに限り、1本につき11.5円の税金が課されます。
(注2)
関税が無税の品目(例:腕時計、ゴルフクラブ等)について、上表の税率ではなく、消費税(地方消費税を含む)のみが課されることとなります。
(注3)
関税が無税であるアルコール飲料については、上表の税率ではなく、下表の酒税の特例税率が課されることとなります。(この特例税率が課される酒類については、消費税は課されません。)
入国者の輸入する酒類の特例税率
品名 税率
  1. ウィスキー及びブランデー
  2. ラム、ジン及びウォッカ
  3. リキュール
  4. ビール及び発泡酒
600円/L(リットル)
400円/L(リットル)
300円/L(リットル)
200円/L(リットル)

2014年4月現在

入国者の輸入する酒類の特例税率

(関税のほか消費税及び地方消費税がかかります。また、米については納付金の納付が必要となります。)

  • 1個(1組)の課税価格が10万円を超えるもの
  • 食用ののりとパイナップル製品
  • 紙巻たばこ以外のたばこ
  • 猟銃
  • ある品物に対して簡易税率の適用を希望しない
  • 旨を税関に申し出たときは、旅行者が携帯し、又は別送して輸入する品物の全部

消費税及び地方消費税のみ課税されるもの

時計、貴金属製の万年筆、貴石(裸石)、ゴルフクラブ、書画、彫刻、パソコンなど関税がかからない品物は、消費税及び地方消費税(合計で8%)のみが課税されます。




詳しくは税関ホームページをご覧下さい。
http://www.customs.go.jp/kaigairyoko/menzei.htm

 
戻る