1.下見、お打ち合わせ

point1
生活の場をスムーズに移すための引越計画が重要です。
日本での生活をスムーズに始めるには、お客様の帰国予定日やご新居への入居予定日 をもとにして船便や航空便での輸送、日本に残しておいたお荷物の配達など 早めにスケジュールを立てることが大切です。
point2
お荷物とその量を確認する必要があります。
お荷物の輸送にあたっては、ご予算に収まるかどうか、お勧め先の規定に収まるかどうか、 前もって確認しておくことが大切です。
point3
税金が発生したり、輸入が禁止されている品物などがあります。
引越荷物といえども、輸出入にかかる税金(関税・内国消費税)が発生したり、 法律で輸入が禁止されている品物などがあります。
事前に該当荷物がないかご確認下さい。
point4
お荷物の安全を考慮した最適な梱包が必要となります。
お荷物は、船や飛行機、鉄道などで長い距離を輸送されます。 輸送中は振動や衝撃、気候や風土による温湿度の大きな変化、 時には、盗難の危険にさらされることもあります。そのために、 お荷物の安全を考慮した、最適な梱包が必要となります。
point5
携帯品・別送品申告書は輸入通関のための大切な書類です。
日本に到着したお荷物を輸入するには、必要な書類を揃えて、 税関の検査を受けなければなりません。なかでも、「携帯品・ 別送品申告書」は、なくてはならない書類ですので忘れずに申告して下さい。
point6
お荷物に保険をかけることが重要です。
大切な財産が、もしもの事故にあっても損失を最小限にするために、 十分な金額で保険をかけることをおすすめします。
お荷物の選別

お荷物の選別にあたっては次の項目を参考にして下さい。

お荷物の選別 参考 上記のほかにも、「日本に残してあるもの」や「これから購入される予定のもの」なども考慮して下さい。これから購入され るものがある場合には、お見積りの当日までに、品物の大きさや重さなどを確認しておいて下さい。 また、新規購入の際は日本での輸入通関をスムーズに行うため、領収書を大切に保管願います。

次のものは必ず携帯品としてお持ち下さい。

・パスポート、航空券 ・宝石、貴金属、高価な装身具 ・貨幣、紙幣、通貨
・株券、債券、証券、預貯金通帳 ・ノート型パソコン、携帯できる精密機器
法律上注意を要する品物
見積りと打ち合わせ
ご自宅にお伺いし、お荷物を拝見させていただいたうえで、航空便や船便の容量を算出いたします。

※当日までに、次の“お荷物の選別”を参考にお荷物を選別しておいていただくとスムーズなお見積りができます。