10.輸入通関、配達の打ち合わせ / 11.輸入通関

海外からお荷物が到着し、通関に必要な書類が揃いますと、税関によるお荷物の検査が行われ、輸入許可となります。

到着地の営業担当者から連絡が入りましたら、お荷物の通関とお届け日の打ち合わせをして下さい。

  • 航空便と船便は同時には通関できませんので注意して下さい。
  • 空港カウンターで必要な書類を預けることができなかった場合には、郵送して下さい。
  • 携帯品・別送品申告書の作成を忘れて到着時に税関への提出ができなかった場合には、特別な手続きが必要となります。な お、この場合には、お土産や新品、酒、たばこなどの免税の適用はありません。
輸入申告
お客様からお預かりした書類を税関に提出します。税関では、書類が不足していないか、新品がある場合にはレシートコピー が不足していないかなど書類の審査を行い、お荷物検査の準備が行われます。

荷物検査
書類と荷物の内容があっているか、輸入禁止品が入っていないかなど検査が行われます。お酒や新品などは、この時にチェッ クされ、免税枠を越えている場合には課税されます。
  • ビーフジャーキー、米等は輸入申告前に他法令検査を行い合格となった場合は輸入許可となります。不合格の場合は滅却と なる場合があります。
輸出入にかかる税金(関税・内国消費税)がかかった場合
税関に輸出入にかかる税金(関税・内国消費税)を納めないと輸入は許可されません。当社では、お荷物を迅速にお届けする ために、一時お立て替えいたしますので、お届けの際にお支払い下さい。