日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  サービス・ソリューション  >  事例集  >  国内ソリューション事例  >  共同配送事例  >  東京発の医薬品保冷共同配送

東京発の医薬品保冷共同配送

医薬品保冷共同配送の特長とメリット

サービスコンセプト

製薬メーカー様から医薬品卸商社までの間を定温(+5℃)にて一貫輸送を行うものです。当社は以下のコンセプトに基づきサービスを展開しております。

  • 医薬品物流における、品質保証をサポートします!
  • 物流コストの削減を実現します!
  • 物流効率化に寄与できるサービスの提供をします!

サービス概要

  • 輸送商品 医療用医薬品およびそれに準ずるもの
  • 設定温度 +5℃設定(全工程にて温度記録可能)
    ※但し±3℃の温度偏差・積替え時の温度変化は除く
  • 集荷場所 医薬品メーカー様工場・物流センター
  • 配送場所 医薬品卸商社
  • 輸送用具 冷蔵車両(温度記録計積載車)
  • 品質管理 ISO9001を認証取得
  • 運行日程 エリア毎に配達日を設定

医薬品保冷共同配送

江東区新砂にある約120坪の冷蔵設備にて仕分し、医薬品保冷共同配送専用車両で
東北・1都3県・関東甲信越・静岡の配送拠点に発送します。

医薬品共同配送拠点

品質管理について

ISO9001を認証取得いたしました(2015年4月に再認証取得)

各作業行程をマニュアル化し、常に輸送品質を管理

集配乗務員、構内作業員に対して医薬品輸送の業務上必要な知識を教育しています。

輸送用具に温度記録計を設置、輸送温度を測定・チェック

通常輸送-タコグラフ式のロガー式温度記録計を使用し、すべて提出可能です。

試験輸送-デジタル式の温度記録計を使用し、詳細な温度輸送状況を分析可能。

豊富な輸送温度記録データに基づく輸送品質の向上活動各種温度データを継続的に収集し、輸送品質の向上に努めています。

トラック輸送に関するお問い合わせ

日本通運が提供する商品・サービスに関する、お問い合わせ・ご意見をお受けしております。