日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  サービス・ソリューション  >  事例集  >  国内ソリューション事例  >  共同配送事例  >  東海地区の共同配送

東海地区の共同配送

東海地区の飲料共同配送の特長とメリット

東海3県を網羅

飲料カテゴリを中心として、東海3県を一日20以上のルートで配送しています。 日々の波動に応じて「共配net」により、適切な配車を実施しています。

高速道路網・主要国道に近接

名神高速道路「小牧インター」より10分の距離に位置しており、東海北陸自動車道・名古屋高速道路・東名阪道など高速道路網が整備されており東海3県をスピーディーに配送可能です。 東海北陸自動車道の全面開通により北陸地域への配送も大幅に時間短縮します。

各種輸送モードでの受け入れに対応

路線各社の基幹ターミナル、JRコンテナ基地に近接し、様々な輸送モードでの受け入れに対応します。通過型、在庫型のお客様の要望に応じた対応が可能です。

東海3県を網羅する商品配送ルート

東海3県を網羅する商品配送ルート

東海地区の共同配送の配送スケジュール

東海地区の共同配送の配送スケジュール
  • 将来的には物量とリードタイムを検討のうえ24時間稼動も可能です。
  • 現行は製品の受け入れの締め切り時間は17:00とします。

東海地区の共同配送の物流フロー図

東海地区の共同配送の物流フロー図

関連情報

トラック輸送に関するお問い合わせ

日本通運が提供する商品・サービスに関する、お問い合わせ・ご意見をお受けしております。