日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  サービス・ソリューション  >  事例集  >  国内ソリューション事例  >  海上輸送事例  >  宇野港発の国内海上輸送

宇野港発の国内海上輸送

宇野港発の国内海上輸送の特長とメリット

定時性(確実性)

東京港および千葉港への定時到着は最優先! 貨物のお届け先への納品時刻をきっちりと守ることができる確実なサービスです。

定時性(確実性)

低廉性

船舶の大型化(20tトレーラを160台積載)と高速化(最高速力23ノット)によって、低いコスト輸送を実現!特に寄港地ターミナルから近距離エリアにおいては、他の輸送モードとの比較において顕著な物流費の節約が実現します。

低廉性

安全性

トレーラへ積載後の貨物をしっかりと移動防止後出発! 陸上輸送~海上輸送~陸上輸送と積替え無しの海陸一貫輸送です。

安全性

CO2排出削減

CO2排出削減

宇野港発RORO船の運航スケジュール

九州・瀬戸内~東京定期航路 宇野港発RORO船 「ひまわり6」・「さんふらわあはかた」

毎週 水・金・日 宇野港09:15発~東京港翌日05:50着

九州・瀬戸内~東京定期航路 宇野港発RORO船 「ひまわり6」・「さんふらわあはかた」

近畿・中国・四国~千葉定期航路 宇野港発RORO船 「第一はる丸」・「第二はる丸」

週 月・水・木・土 宇野港16:00発~千葉中央港翌々日05:30着
※土曜日宇野出港船については翌週火曜日05:30千葉中央港着

近畿・中国・四国~千葉定期航路 宇野港発RORO船 「第一はる丸」・「第二はる丸」

国際海上輸送に関するお問い合わせ

日本通運が提供する商品・サービスに関する、お問い合わせ・ご意見をお受けしております。