日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2002年)  >  日通 中国での事業展開をさらに拡充

日通 中国での事業展開をさらに拡充

2002年03月11日

―――上海、蘇州、深センにそれぞれ事業会社を相次いで設立―――

 当社は、中国の上海、蘇州、深センにロジスティック業務を取り扱う倉庫会社を設立しました。
 これにより当社の中国における事業展開は、12現地法人30拠点(台湾を含まない。日通商事の海外会社を含む)となります。WTO加盟によりますますグローバル化する中国での物流ニーズをサポートします。

(新会社の概要)
  1.

名称

日通国際物流(上海)有限公司
  英文名 NIPPON EXPRESS GLOBAL LOGISTICS(SHANGHAI)CO.,LTD.
  所在地 上海市外高橋保税区内
  事業内容 倉庫保管業務(貨物の包装、仕分、簡単加工)、
      保税区内企業間貿易及び保税区内貿易の代理、
      国内輸出入経営権を持つ代理企業を通じた非保税区企業との貿易、
      倉庫保管に関する輸送手配とコンサルタント業務
  営業認可日 2002年2月5日
  営業開始  2002年3月予定
  
  2. 名称 蘇州日通国際物流有限公司
  英文名 NIPPON EXPRESS(SUZHOU) CO.,LTD.
  所在地 江蘇省蘇州市蘇州新区
  事業内容 倉庫業、倉庫業に関する業務、
      倉庫業及びそれに関連するコンサルタント業務
  営業認可日 2002年2月8日
  営業開始 2002年3月予定
  
  3. 名称 日通儲運(深セン)有限公司
  英文名 NIPPON EXPRESS CARGO SERVICE(SHENZHEN)CO.,LTD.
  所在地 広東省深セン市塩田港塩田保税地区内
  事業内容  倉庫保管業務(貨物の包装、仕分、簡単加工)、
      コンテナ貨物の臨時保管及び輸送手配、
      保税貨物の集貨配送手配、
      倉庫保管に関する輸送手配とコンサルタント業務
  営業認可日 2002年1月22日
 

営業開始

2002年4月予定

 日通国際物流(上海)は上海の外高橋保税区に設立、また蘇州日通国際物流は、上海近郊で日系や外資系の企業進出が著しい蘇州地区に設立した事業会社です。
 上海を中心とする華東地区には、既に航空貨物と海運貨物のフォワーディング業務を取り扱う、上海通運国際物流(1994年6月設立)と天宇客貨運輸上海支店(1998年6月設置)があります。
 同地区では、電子精密機器メーカーやOA機器メーカーの生産拠点の進出が活発になるに従い、お客様の物流ニーズは、JIT物流やVMI物流という高度なロジスティクス機能が求められるようになりました。
 新会社は、ロジスティクス機能を備えた倉庫保管業務と、梱包・仕分・流通加工、及びお客様の物流コンサルタント業務を取り扱い、既存のフォワーディング業務と一体となった日通グループの総合営業を展開いたします。

 塩田日通は、香港を除いて中国第2位、世界で第9位のコンテナ取り扱い量(2001年実績)を誇る深セン・塩田港に設立した事業会社です。
 深センには、航空貨物と海運貨物のフォワーディング業務や倉庫業務を取り扱う日通国際物流(深セン)(1995年7月設立)と天宇客貨運輸深セン支店(2001年4月設置)がありますが、主として華南地区のゲートウェイである香港の中継貨物の取り扱いを行ってきました。
 新会社は、多様なニーズに応えるため、深セン・塩田保税地区にロジスティクス機能を備えた倉庫設備を設け、塩田港を基点とした海運貨物の取り扱いを行います。

以上