日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2002年)  >  日通 2001年度の鉄道コンテナ取扱い実績 

日通 2001年度の鉄道コンテナ取扱い実績 

2002年04月22日

 当社は、2001年度の鉄道コンテナ取扱い実績をとりまとめました。

  実績  前同 伸長率
鉄道コンテナ取扱個数 198万4千個 195万2千個 101.6%

◇概況
 2001年度については、主要都市の鉄道コンテナ専業店所を中心に、広域営業体制の確立と長距離幹線輸送の強化を図りました。
 また、お客様の様々なニーズにお応えできるように、当社独自の「エコライナー31」の運用線区の拡大、クールコンテナ・ISOタンクコンテナなどの商品別コンテナの取扱い強化を行うとともに、移動体通信網を活用した車両動態管理システム「N-SORA」を開発し、お客様サービスの向上、作業・事務の効率化を行いました。この結果、前年実績を上回る取扱い個数を確保しました。
 2002年度は、「エコライナー31」の運用線区の更なる拡大や、12ftコンテナを使用した「エコプレス12」の拡販、着駅を限定していた「スペースエイト」の全駅での取扱い、食品等商品別専用コンテナ導入等による営業開発に取組んでまいります。また、環境問題、省エネルギー、都市交通問題、ディーゼルトラックに対する規制強化等の意識が高まっていることから、鉄道を利用したモーダルシフトの促進をお客様にご提案し取扱い個数の増加を目指します。

◇2002年度 鉄道コンテナ目標個数 : 200万個(対前年100.8%)

以上