日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2002年)  >  日通 2001年度の内航海上システム取扱い実績 

日通 2001年度の内航海上システム取扱い実績 

2002年04月22日

 当社は、2001年度の内航海上システム取扱い実績をとりまとめました。    

  実績  前同 伸長率
海上コンテナ取扱個数   33万個  33万2千個 99.5%

◇概況
 2001年度は、無人のトレーラ輸送ニーズの増加に対応するため、「あかしあえりもライン(北海道航路)」に、4月と7月にROROコンテナ船を代替配船いたしました。この2隻のROROコンテナ船による2001年度の輸送実績は上期で2,052台(12フィートコンテナ換算8,208個)、下期では3,917台(12フィートコンテナ換算15,668個)と着実に増加しております。
 しかしながら、当社の内航海上輸送システム全体としては、国内貨物輸送全体の需要落ち込みと、2000年度に有珠山の噴火による特需(約4,500個)があったこともあり、積載個数は、前年に比べ0.5%の減となりました。
 2002年度は、前年度から開発推進している内航情報システムを一層充実させ、多様化するお客様のニーズへの対応を強化することで大幅な取扱い増を目指します。

以上

◇2001年度 海上コンテナ目標個数 : 36万5千個 (対前同110.6%)