日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2002年)  >  日通 ペリカン便「e-決済サービス」を開始

日通 ペリカン便「e-決済サービス」を開始

2002年05月10日

 当社は、子会社である日通商事株式会社(橋本章社長)との提携により、ペリカン便の商品代金決済サービス「e-決済サービス」を2002年6月から販売を開始いたします。
 このサービスは、従来おこなっている商品配達時の現金による代金引換に加え、クレジットカード・コンビニエンスストア(CVS)での支払い・銀行振込・郵便振替の各決済を包含したもので、日通商事株式会社と富士通株式会社が共同でビジネスモデル特許を申請しております。
 現在、商品代金の決済については、主に通販事業者がこの5つの方法と、宅配同業他社の一部がクレジットカード決済を導入していますが、当社グループではこれらを一括提供いたします。これにより、独自の決済手段を持たない通販事業者が決済手段を幅広く運用することが可能になります。
 「e-決済サービス」の特徴は、(1)複数の代金決済手段の申込が日通商事に一元化できる、(2)入金が日通商事からの一括入金となるため、管理負担が軽減される、(3)日通商事によりCVS、銀行振込、郵便振替の各請求書が代行発送される、(4)クレジット決済での販売者への入金が最短5日に短縮される、等があげられます。
 当社では、今回のサービス開始により、初年度で1,000社程度の獲得を目指します。

以上