日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2002年)  >  日通 韓国スーパーラックシッピング社と輸送提携 

日通 韓国スーパーラックシッピング社と輸送提携 

2002年10月02日

世界初の高さ調整可能なフラットラックを利用した海上輸送を販売

 当社は、韓国の特殊貨物の輸送専門会社株式会社スーパーラックシッピング社が世界で最初に開発した、高さの調節が可能な特殊なフラットラック(商品名:スーパーラック)を利用した海上輸送の日本での販売代理店契約を締結いたしました。
 従来、コンテナに積載不可能なかつ大貨物をコンテナ船で輸送する場合、フラットラックを利用しておこなっておりますが、ラックの高さを超える背高貨物を積載した場合には、ラックの上へのコンテナの積み上げが出来ず、デッドスペースが発生する短所がありました。また船積み、取り降ろし時には、ガントリークレーンでの荷役が出来ず、別のクレーンを用意しての荷役作業を行う必要がありました。
 今回のスーパーラックは、従来型のフラットラックに対して最大1.5mまでラック自体が高くなるように調節可能で最大3.4mの高さの貨物が積載可能です。さらに30トンの貨物を積載した状態で最大7段まで積み上げることが出来るよう設計されています。
 このことにより、通常のコンテナと同じガントリークレーンでの荷役作業が可能となります。また、コンテナを積み上げ出来ることでデッドスペースが少なくなり、船への積み付けの自由度が高まるため、輸送船舶を適宜に確保することが可能になります。
 このことにより、荷主にとっては、デッドスペースが発生することと、別のクレーン作業によるコスト高を少なくすることができ、船会社にとっても、通常のコンテナの引き受けと同様であるため、荷役時間が短縮できるなど、荷主・船会社どちらにもメリットのある商品となっております。
 当社では、9月末よりスーパーラックを日本に導入し、スーパーラックの利便性をご紹介しながら、10月より本格的な営業活動を行う予定です。

以上