日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2002年)  >  日通ゴルフ部 全日本実業団対抗ゴルフ大会で準優勝

日通ゴルフ部 全日本実業団対抗ゴルフ大会で準優勝

2002年10月21日

 10月6日(日)に千葉県市原市の鳳琳カントリークラブでおこなわれた第14回全日本実業団対抗ゴルフ選手権大会(主催:日本経済新聞社)で、当社のゴルフ部は、団体戦で準優勝を果たしました。
 この大会は、全国86社の実業団ゴルフチームが参加しておこなわれたもので、当日は、各地の予選を勝ち抜いた28チームとシードされた10チームの合計38チームによって競われました。
 団体戦の競技方法は、1チーム4名による18ホール・ストロークプレーで、上位3名の合計スコアによって競われるもので、当社チームは通算227ストロークとなり、2年連続の優勝となった日本航空チームに続いて準優勝となりました。
 また、個人の部でも73のスコアをマークした井上新司選手が4位に入賞し、団体・個人ともに好成績をおさめました。

今大会の成績 
  若林敏男 (商流関連部長)
78
  中川俊次 (日本クーリエサービス(株)専務)
76
  野田展央 (グローバルロジスティクス部専任部長)
84
  井上新司 (四国重機建設支店徳島事業所長)
73
  *団体戦準優勝   上位3名のトータルスコア
227
  *個人戦第4位 井上新司

以上