日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2002年)  >  日通 グローバル・ロジスティクスを強化

日通 グローバル・ロジスティクスを強化

2002年12月13日

 当社は、10月1日付けでグローバル・ロジスティクス部を新設し、さらにグローバル・ロジスティクスを強化しています。
 グローバル・ロジスティクス部は、経済活動のグローバル化が急速に進むなか、ローカル、インターナショナル、シームレスの物流をカバーするボーダレス物流営業を推進する専任部署として、当社の各支店、各地域ブロック、各輸送モード、さらには、国をまたがる物流に関わる営業に取り組むものです。
 具体的には海外からの輸入、保管、流通加工、国内配送といった一貫物流、首都圏の倉庫から地方向けの貨物の輸配送、海外への工場移転にともなう設備輸送など、また工場移転にともなってお客様の流通経路が大きく変わるような案件を、当社のもつ多種多様なハードとソフトにくわえ、ネットワークの有機的な結合により、お客様のロジスティクスパートナーとして最適なサービス提供を目指します。
 また、当社の国内・海外の各部門、各支店間で顧客情報を共有するなど連携をより緊密にし、効率の高い営業を推進する「GL21」の活動もグローバル・ロジスティクス部が先頭にたって推進していきます。
 「GL21」の活動は、お客様ごとにそれぞれグローバルなセールスチームを編成し、重点的に提案していくという従来からの取り組みに加え、さらにお客様を拡大するという観点から、ボーダレスな物流に関しては、案件ごとにセールスチームを編成し、必要に応じてグローバル・ロジスティクス部が案件獲得に向けて支援を行うなど、取り組みをさらに拡大強化します。
 当社では、グローバルに大きく広がる市場をターゲットに、世界を網羅するネットワーク、蓄積された高度なロジスティクスのノウハウにより、強力に新規セールスの開拓を進めていきます。

以上