日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2003年)  >  日通 引越新商品「えころじこんぽ」を販売開始 新開発の梱包資材で高品質・低価格を実現

日通 引越新商品「えころじこんぽ」を販売開始 新開発の梱包資材で高品質・低価格を実現

2003年05月27日

 当社は、引越しの常識をくつがえす新商品「えころじこんぽ」を6月1日から販売開始します。
 「えころじこんぽ」は、当社が開発した梱包資材により、引越しでのお客様のご負担を最大限に省くこと、作業時に発生するゴミをゼロにすることを目指し、女性社員が中心となり開発した商品です。
 従来、引越しでは、事前の箱詰め、事後の箱だし等お客様、特にご家庭の主婦の方がされる作業が多くありました。「えころじこんぽ」では、新開発の梱包資材により、様々な品物の梱包方法を見直し、事前準備から収納、後片付けまでの全ての作業を当社の作業スタッフがおこないます。お客様には、手間をお掛けすることなく引越しができます。
 また、梱包資材は、全てが反復利用できるもので、使用済のダンボール箱等の廃棄物を一切出さず、「地球環境の保全」に大きく寄与するものとなっています。新開発の梱包資材は現在特許申請中です。
 さらに、使い捨てであった資材費の削減と、作業の改善による引越所用時間の短縮で、従来の梱包資材を使って、お客様に箱詰め等をしていただいていた引越しの場合と、ほぼ同レベルの価格でご提供することが可能になりました。
 この新商品を、引越しでご苦労されることの多かった女性を中心に「楽で短時間、しかもお得」そして環境にやさしいサービスをお使いいただくため、積極的なセールスを展開していきます。東京、横浜、大阪で近距離引越商品として販売し、年内には、全国主要都市へ拡大する予定です。
 当社では、これまでも様々な分野で、新商品を開発し、お客様の利便性向上を図ってまいりました。今後も、ニーズを敏感に捉え、より魅力ある商品開発に取り組んでまいります。

以上