日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2003年)  >  日通総研 物流短観2003年6月調査分を発表

日通総研 物流短観2003年6月調査分を発表

2003年07月30日

 当社のシンクタンク子会社である株式会社日通総合研究所(井手高吉社長)は、企業物流短期動向調査『日通総研短観』2003年6月調査分を発表しました。

調査結果の要旨
  4~6月実績(見込み)の国内向け出荷量『荷動き指数』は△14で、前期(1~3月よりマイナス幅がさらに7ポイント拡大した。7~9月見通しでは、『荷動き指数』は5ポイント改善して△9と、減退圧力はいくらか緩和するものの、依然として荷動きの縮小が続く見込みである。
  輸出入貨物『荷動き指数』は、外貿コンテナが4~6月実績(見込み)では輸出入ともプラスを示し、7~9月見通しでも『荷動き指数』が上昇し、いっそうの荷動き拡大が見込まれる。一方、国際航空では、4~6月実績(見込み)の『荷動き指数』は輸出入ともマイナスで、7~9月見通しでも大きな変化は見込まれず、引き続き荷動きの低迷が予想される。
  国際輸送の外貿コンテナでは荷動きの拡大が見込まれるが、それ以外の輸送機関については荷動き減退が続き、早急な回復は期待できない。
  

以上