日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2003年)  >  日通総研 物流短観2003年9月調査分を発表

日通総研 物流短観2003年9月調査分を発表

2003年10月31日

 当社のシンクタンク子会社である株式会社日通総合研究所(井手高吉社長)は、企業物流短期動向調査『日通総研短観』2003年9月調査分を発表しました。

調査結果の要旨
  7~9月実績(見込み)の国内向け出荷量『荷動き指数』は△2で、依然マイナス水準ではあるものの前期(4~6月)より12ポイントの改善がみられた。10~12月見通しでは『荷動き指数』はさらに4ポイント上昇してプラスに転じ、荷動きは回復へ向かうと期待される。ただし、プラス幅は+2とわずかで、回復の足取りは力強いとはいえない。
  輸出入貨物『荷動き指数』は、外貿コンテナの輸出が7~9月実績(見込み)、10~12月見通しとも上昇の動きが頭打ちとなるものの、輸入は着実な上昇が続く。国際航空は、輸出入とも7~9月実績(見込み)はマイナス幅をゼロ近くまで縮小させたが、10~12月見通しではマイナス幅が再び拡大に転じ、荷動き回復に向けての動きは不安定なものとなっている。
  外貿コンテナ輸入、一般トラックおよび特別積合せトラックでは荷動きの拡大が見込まれ、宅配便でも荷動きの下げ止まりがうかがえるが、それ以外の輸送機関については早急な荷動きの回復は期待できない。
  

以上