日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2003年)  >  日通 企業の業務用品管理、受発注システムを構築

日通 企業の業務用品管理、受発注システムを構築

2003年10月31日

 当社は、企業の業務用品(ユニフォーム、パンフレット、販促品など)をインターネットで受発注、在庫管理などを可能としたシステム「ショム2ネット(しょむしょむねっと)」を構築いたしました。

 企業の業務用品管理は、通常、庶務担当者が電話やFAXにより受付、ベンダーへの発注、在庫管理などを行なっております。その事務量は、多くの事業所を抱える企業であればあるほど、多く発生し、しかも独自に作成する用品も少なくないため、適正な在庫数量や発注数の把握は煩雑で、かつ重要な業務となっています。
 これらを解決すべく当社では、ASP(アプリケーション・サービス・プロバイダー)によるインターネット受発注・在庫管理システムと、当社の持つ保管配送機能を合わせて提供、事務量の軽減や在庫管理等の適正化、コストダウンなどを実現するサービスを開発しました。

  今回構築したシステムの特徴は、つぎのとおりです。
  (1) インターネットによる発注により、FAX・電話で発生する"紙"での管理が不要。また、既にパソコンとインターネットに接続可能な環境があれば特別な設備は不要である。
  (2) eメールを利用して発注承認する機能を有しており、担当者レベルでの過剰発注を防止し、発注量がコントロールできる。
  (3) 業務用品を集中保管、管理することにより、保管にかかる経費が削減できる。
  (4) 当社のもつ各種輸送モードにより、出荷量や納期、特性に応じた最適な輸送手段が選択できる。
  (5) 受発注管理システムが有する外部出力機能(CSV形式)を生かして、注文状況の多角的な検討や各種管理帳票が作成できる。

 その他にも、当社のもつ3PL(サードパーティーロジスティクス)のノウハウにより、最適な在庫量や物流に対するコンサルティングもおこない、お客様の業務改善を実現します。
 当社では、このシステムを「ショム2ネット(しょむしょむねっと)」とネーミングし、幅広くセールスを行なってまいります。

以上