日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2004年)  >  日通 中国の営業体制を強化

日通 中国の営業体制を強化

2004年01月29日

 当社は、「世界の生産基地であり巨大な市場」として注目される中国(中華人民共和国)において、お客様企業の物流ニーズにより迅速な対応を行うことを目的として、次のとおり営業支援体制および拠点網の強化を図ります。

以上

  ○香港日本通運(株)中国室の機能拡充
     中国における当社現地法人の営業支援を行うため2002年5月に香港において開設した中国室の主な活動拠点を上海に移し、2月1日付で上海事務所を開設するとともに、所属社員を増員いたします。成長著しい華東地区を中心に、お客様と各現地法人により近いところで活動することにより、中国国内の複雑な法規制への対応や各現地法人間での業務連携の調整など、中国室のサポート機能をいっそう高め、営業展開の強化を図ってまいります。
 なお、これにより当社の中国(香港を含む)における拠点数は14現地法人52拠点となります。
     
   
事務所所在地: 200122 上海浦東新区世紀大道1600号 浦項商務大厦8楼9室
※当社現地法人「上海e-テクノロジー」と同じビルへの入居
     
  ○中国内陸部へ初の拠点開設 
     当社初となる中国内陸部の拠点を湖北省・武漢に開設いたします。天宇客貨運輸服務有限公司(本社:北京、山口壮起社長)がセールス拠点として事務所開設手続きを進めており、本年3月中には業務を開始する予定です。武漢とその周辺は日系および外資系の自動車メーカー・自動車部品メーカーの進出が急速に展開されている地域であり、拠点の開設により、営業体制の強化、顧客サービスの向上を図ってまいります。