日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2004年)  >  日通 インドネシアのバンドンに営業拠点開設 

日通 インドネシアのバンドンに営業拠点開設 

2004年08月04日

 当社のインドネシアにおける航空貨物担当の現地法人・インドネシア日通(社長:中田信彌)は、同じく海運倉庫担当の現地法人・日通インドネシア物流(社長:前田匠一)と共同で、ジャカルタの南東約120kmに位置するバンドンに営業所を開設しました。
 インドネシア国内では、昨年11月のチカンペック営業所の開設に続き、当社グループとして12番目の営業拠点(インドネシア日通としては10番目の営業拠点)となります。現在、バンドンでは、電子産業地区「バンドン・ハイテク・バレー」計画が実施されており、世界中からIT企業や各産業の進出が期待されています。
 バンドン営業所は上記2社が共同で運営し、当社独自のグローバルトレーシングシステム「SKY-NET」を活用して輸出入航空貨物の営業拡大を図るほか、海運貨物・引越貨物も総合的に取り扱い、高品質なロジスティクス業務を提供してまいります。

以上

名称 インドネシア日通グループ バンドン営業所
住所 Tigaraksa Satria Building 2nd Floor,
Jl Soekarno-Hatta No. 606
Bandung 40286, West Java, Indonesia
TEL (022)-750-5920
FAX (022)-750-4514
取扱業務 航空貨物輸出入業務、海運貨物輸出入業務、引越貨物輸出入業務
営業開始 2004年7月1日
従業員 2名