日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2005年)  >  日通、関西国際空港での新施設稼動を計画

日通、関西国際空港での新施設稼動を計画

2005年01月26日

 当社は、関西国際空港(以下、関西空港)の貨物地区において関西国際空港株式会社殿から貨物取扱施設を賃借し自社運用していますが、このたび両社は同空港内で施設の代替・移転を行うことで合意しました。
 当社が、現在、関西空港内にて運用している施設では、国際航空貨物用として、主に通関や輸入貨物のULDブレイクダウン業務などを行っています。今回の合意は、関西国際空港株式会社殿が空港ランプに面した別区画(敷地面積約12,000m2)に2005年夏頃の完成予定で新施設を建設し、当社が移転するもので、現行より大規模な施設となる計画です。
 新施設稼動後は、輸入貨物のULDブレイクダウン業務だけでなく、空港外(大阪南港)の自社施設で行っている輸出貨物のULDビルドアップ業務も新施設において行う予定で、輸出入一体型の自社ULDオペレーション体制を構築します。また、空港内施設という立地条件を活かして、24時間空港である関西空港の特性に対応した24時間オペレーションの運用を推進します。
 当社は、新施設への業務移管を機会に、業務の効率化を一層図り、関西経済圏を中心としてお客様の物流コスト低減に資する積極的な取組みを行うとともに、リードタイムの短縮や輸送の安全性向上を実現して、高品質で利便性の高いサービスの提供を行ってまいります。

以上