日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2005年)  >  フランス日通でTAPA認定取得

フランス日通でTAPA認定取得

2005年01月26日

 当社のフランスにおける現地法人・フランス日本通運株式会社(社長:近藤徳生)では、本社の所在するシャルル・ド・ゴール空港貨物地区の倉庫において、この1月10日に航空貨物取扱いの警備安全基準である「TAPA基準 Class A」の認定を受けました。
 TAPAは、Technology Asset Protection Associationの略で、警備の専門家とハイテクや家電関係企業の警備担当者が参画する非営利団体のことであり、1997年に米国で設立され、欧州では1999年から活動を開始しています。このTAPAによる基準は、輸送産業で安全性を高めるためにも使用されており、世界中で警備・安全の実践手法における最高峰のガイドラインとして知られています。最近ではハイテク関連のお客様企業を中心に、輸送業者に対しTAPA基準を満たすよう求められるようになってきています。
 TAPAの認定基準は、最高位のClass AからClass Cまでの3段階のレベルに分かれています。今回、フランス日通ではClass Aの認定を受けましたが、フランスにおけるエアー・フレート・フォワーダ―としては、日系・外資系および地元資本の会社も含めて初めての認定取得となります。
 当社では、今後も各地の拠点でTAPA認定の取得をめざして、高品質なサービスの提供を推進してまいります。

以上