日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2005年)  >  日通 「ペリカン便 e-決済サービス」にモバイルコマース支援サービスの運用を開始

日通 「ペリカン便 e-決済サービス」にモバイルコマース支援サービスの運用を開始

2005年03月25日

 当社は、日通商事株式会社(社長:佐藤昭寛)との連携により販売している「ペリカン便e-決済サービス」に、モバイルコマース(携帯電話を利用した商取引き)支援サービスの運用を4月から開始します。
 「e-決済サービス」については、
 
決済手段として、代金引換・クレジットカード・コンビニ支払い・郵便振替・銀行振込・ネットコンビニ・ネットバンクの7つの方法があり、必要な決済手段の選択ができること。
決済方法に関わらず最短5日での精算が可能で、お客様のキャッシュフローに貢献できること。
決済会社(カード会社・金融機関・コンビニなど)との契約手続きや、運営開始後の入金管理などを当社グループが代行することで、お客様の煩雑な事務処理をアウトソースできること。
販売者が購入者向けに発信する『サンキューメール』や、出荷商品の輸送トレースを把握する『お荷物出荷情報メール』、『お届け完了情報メール』などの多彩なメール通知機能を備えていること。
 から、販売者となるお客様は、受注や決済などのシステムを独自に開発する必要がなく、低コストでスピーディな通販事業の展開を可能としています。
 今回新たに追加したモバイルコマース支援サービスにより、「ペリカン便 e-決済サービス」がこれまでパソコン用に提供していたこれらの機能を、そのまま携帯電話から利用することができます。携帯電話による決済サービスの提供は物流業界初であり、通販事業をワンストップでサポートする体制がさらに強化されました。
 当社グループでは、これからも輸送・決済の複合サービスである「e-決済サービス」の機能を充実させ、お客様の販売や購入の利便性を高めてまいります。

以上