日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2005年)  >  日通 鉄道輸送の2トンコンテナで日韓一貫輸送サービス「SE-L2(シールツー)」を販売開始

日通 鉄道輸送の2トンコンテナで日韓一貫輸送サービス「SE-L2(シールツー)」を販売開始

2005年07月28日

 当社は、当社独自の輸送システムである鉄道輸送の「2トンコンテナ」で、下関と韓国・釜山間を運航する関釜フェリーを利用した日韓一貫輸送サービス「SE-L2(シールツー)」の販売を8月1日から開始します。
 2トンコンテナは、鉄道輸送の主流である5トンコンテナと比較して、小ロット化・多頻度化の物流ニーズにお応えするために、1989年から運用している当社所有のコンテナです。現在は、全国の主要27都市エリア間のネットワークによるローコストな小口貨物輸送システムとして、お客様からご好評をいただいています。
 また、当社は、1972年に鉄道輸送(5トンコンテナ輸送)と関釜フェリーを組み合せた日韓一貫輸送サービスを開発しました。両国の国内および輸出入を5トンコンテナのまま輸送する利便性やコストパフォーマンス、スピードなどの点から、現在に至るまで日韓間の主要な貨物輸送ルートとなっています。
 このような背景の中で、昨年9月から下関においても2トンコンテナの取扱いを開始したことに伴い、同コンテナも関釜フェリーの輸送に投入する準備を進め、このたび、5トンコンテナと同様の取扱体制が整ったものです。
 当社は、日韓一貫輸送サービスに新たな商品選択肢を増やすことで、さらなる利便性の向上をアピールし、お客様や貨物の拡販に取り組んでまいります。

以上

2トンコンテナの取扱い都市(拠点)については、当社ホームページの鉄道貨物輸送営業窓口に記載の最寄りの支店・営業所にお問合せください。