日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2005年)  >  日通 美術品梱包輸送技能者が「現代の名工」に表彰される

日通 美術品梱包輸送技能者が「現代の名工」に表彰される

2005年11月09日

 当社は、関西美術品支店の海老名和明(えびな かずあき・59才)が平成17年度「卓越した技能者の表彰(現代の名工)」を受賞しました。美術品梱包輸送における受賞は、昭和42年の表彰制度創設以来、初めての快挙となります。
 「現代の名工」は、卓越した技能を持ち、その道で第一人者と目される技能者を表彰するもので、厚生労働大臣が決定し、年1回150人が表彰されます。当社の海老名和明は、入社以来35年にわたり美術品輸送業務に携わり、その経験と技術は美術品業界のお客様から高く評価をいただいています。今回の受賞事由も「国宝、重要文化財等の梱包技術及び輸送について、卓越した技能を有しており、今までに門外不出であった新薬師寺、唐招提寺『盧舎那仏坐像』、『薬師如来像』等の展覧会への出展を実現させたとともに、後進技能者への指導・育成にも貢献してきた」とされています。表彰式は、11月9日に東京で行われ、本人が厚生労働大臣から表彰を受けました。
 当社は、従業員が「現代の名工」に選ばれたことを会社の誇りとし、これからも美術品輸送事業における伝統と信頼をしっかりと継承してまいります。

以上