日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2006年)  >  日通グループ、上海で新倉庫を稼動

日通グループ、上海で新倉庫を稼動

2006年01月06日

 当社の中国における現地法人・上海通運国際物流有限公司(本社:上海市、社長:飯塚哲男、以下、上海通運)は、上海市浦東新区港城路に倉庫(約12,000m2)を増設し、昨年12月26日から営業を開始しました。これにより、上海通運の倉庫面積は既存倉庫と合わせて約37,000m2、華東地区(上海市、江蘇省、浙江省)における当社現地法人5社(※1)の合計倉庫面積は約86,200m2となります。
 新倉庫は、無線LANによる最新鋭のWMS(※2)を導入、在庫や作業状況の管理はもとより、KPI(※3)管理への対応も可能とする高機能性を保有しています。また、外高橋港区に極めて近い立地条件を活かし、船積みリードタイムの短縮やドレージコストの低減を実現できる輸出混載貨物の拠点として、サード パーティ ロジスティクス(3PL)やサプライ チェーン マネジメント(SCM)など、より高度化する物流ニーズに対応してまいります。
 なお、上海通運は、このたび会社の英文名を従来の「Shanghai Express International Co.,Ltd.」から「Nippon Express (Shanghai) Co.Ltd.」に変更したほか、中国全土でフォワーディング事業を展開している当社の現地法人・天宇客貨運輸服務有限公司(本社:北京市、社長:山口壮起)も同様に、英文社名を「Uni Sky Express Service Co.,Ltd.」から「Nippon Express (China) Co.,Ltd.」に変更、当社グループのグローバルネットワークとの一体性を明確にして、これからもお客様の信頼にお応えします。

以上

(※1) 上海通運国際物流有限公司、天宇客貨運輸服務有限公司、日通国際物流(上海)有限公司、蘇州日通国際物流有限公司、日通倉儲(嘉興)有限公司の5社
(※2)
WMS・・・ Warehouse Management System(倉庫管理システム)の略、在庫品の品目・数量だけでなく、ロット・製造日・倉庫内のロケーション・検品などの多機能かつ効率的な在庫管理を行うシステム
(※3)
KPI・・・ Key Performance Indicator(主要業績評価指標)の略、一般的に企業の目標・戦略に対する実行状況を計測するための指標。倉庫業務では、「作業効率」や「作業品質」などの業務プロセスを数値化し、定量評価する管理手法を指す。
上海通運・新倉庫の住所
  200137 上海市浦東新区港城路1728号
  (No,1718 Gang Cheng Road, Pudong New Area, Shanghai, CHINA, 200137)
  Tel:+86-21-50415568