日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2006年)  >  日通 「特定信書便事業」による全国ネットワーク商品を販売開始

日通 「特定信書便事業」による全国ネットワーク商品を販売開始

2006年01月30日

~業界初の航空機輸送も使用する特定信書便商品「日通航空特定信書便/ビーエスピー」~

 当社は、国内航空貨物輸送における自社の全国ネットワークを利用した「特定信書便事業」の新商品を開発し、「日通航空特定信書便/ビーエスピー」として、来る2月13日から販売を開始します。特定信書便を航空機も使用して輸送するサービスは、2003年4月の信書便法施行による郵便事業への民間事業者の参入が可能になって以来、業界初となります。

 当社は、2004年1月に「特定信書便事業(第1号役務:長さ、幅及び厚さの合計が90cmを超え、又は重量が4kgを超える信書を送達する役務)」の許可を総務省から取得し、主に一定地域内における巡回配送業務等の輸送サービスを展開してきました。今回の新商品は、当社が2003年12月に発売した個人情報貨物専用の輸送商品「プライバシーガード」をご利用いただいているお客様などから「請求書や契約書等の信書輸送についてもスピードと安全性が確保される全国的な輸送システムを」とのニーズが強く寄せられ、商品開発を進めてきたものです。
 それ以来、2004年12月に「特定信書便事業(第3号役務:料金の額が1,000円を超えるもの)」の許可と、2005年12月に航空機を利用した輸送業務に関する認可を総務省から受け、信書便物の秘密保護を確保するために専用ダンボールや専用コンテナを使用した作業体制を構築して、商品化を実現しました。「日通航空特定信書便/ビーエスピー」は、各都道府県の主要都市を対象に、全国翌日配達と安全性の高い輸送サービスをお客様に提供します。
 当社は、これからも「セキュリティ」をコンセプトとした新輸送商品の開発を推進し、トータルロジスティクスサービスの充実化を図ってまいります。

○運送契約の取扱い: 「ビーエスピー」の取引開始にあたっては、あらかじめお客様と当社で運送契約を締結させていただきます。

以上