日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2006年)  >  日本通運のボックスチャーター事業への資本参加について

日本通運のボックスチャーター事業への資本参加について

2006年05月31日

2006年5月31日
報道関係各位
ヤマトホールディングス株式会社
セイノーホールディングス株式会社
日本通運株式会社
 
日本通運のボックスチャーター事業への資本参加について
 
 
 ヤマトホールディングス株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役会長兼社長 有富慶二)(以下「ヤマトHD」という。)とセイノーホールディングス株式会社(本社:岐阜県大垣市、代表取締役社長 田口義隆)(以下「セイノーHD」という。)と日本通運株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 川合正矩)(以下「日本通運」という。)は、本日、ヤマトHDとセイノーHDが共同出資するボックスチャーター株式会社(以下「ボックスチャーター(株)」という。)に日本通運が出資し、ボックスチャーター事業(以下「BC事業」という。)における業務提携を行うことについて合意致しましたので、下記の通りお知らせ致します。
 
 
1. 背景
   ヤマトHDとセイノーHDは、今年3月にボックスチャーター(株)に共同で出資し、企業間物流おける新事業としてBC事業を展開しておりましたが、BC事業を早急に全国展開するための新たなパートナーとして日本通運が事業参加することにより、販売体制と運用体制の強化を図り、企業間物流における「新デファクトスタンダード」の確立を目指します。
   
2. BC事業の概要
 
(1) 販売商品名
  「JITBOX チャーター便」(ジットボックス チャーター便)
(2) 対象市場
  SCMのニーズを持つメーカーの商品物流、JIT(ジャストインタイム)納品を求められる部品・原料メーカーの納品物流
(3) 提供するサービス機能(サービス)
  中ロット貨物の中長距離輸送、JIT納品機能とRBP(ロールボックスパレット)1本単位の貸切機能
(4) 事業形態
  路線便事業者によるフランチャイズ方式
3. BC事業での組織形態
 
(1) ボックスチャーター(株)は、ヤマトHD、セイノーHDに加えて日本通運からも出資を受け、BC事業のフランチャイザー機能を担う。
(2) 現時点では、ヤマト運輸(株)その他ヤマトボックスチャーターグループ13社、西濃運輸(株)その他セイノー輸送グループ20社、及び日本通運(株)の合計36社が、BC事業のフランチャイジー機能を担うことにより、事業展開の予定であります。なお、今後、フランチャイジー会社として参加する路線会社をボックスチャーター(株)において選定していきますので、参加企業が増える可能性があります。
4. ボックスチャーター(株)株式の譲渡
  ヤマトHDが現在保有するボックスチャーター(株)の株式3,910株(発行済み株式総数の85%に相当)のうち690株(15%相当)を、6月20日までに日本通運に譲渡します(当該譲渡後の各社の持株比率及び持株数については下記5参照)。
5. ボックスチャーター(株)の概要
 
商号 ボックスチャーター株式会社
主な事業内容 貨物自動車運送事業、貨物利用運送事業、荷造梱包業、倉庫業、フランチャイズシステムによるコンサルタント事業
設立年月日 平成14年9月2日
本社所在地 東京都大田区東海2丁目1番2号
代表者 代表取締役社長 長谷川 誠
資本金 230百万円
株主および持株比率
ヤマトホールディングス株式会社   70%(3,220株)
セイノーホールディングス株式会社   15%(690株)
日本通運株式会社   15%(690株)
6. 各社の概要
  ヤマトホールディングス株式会社(平成18年3月31日現在)
 
商号 ヤマトホールディングス株式会社
設立年月日 大正8年11月29日
本社所在地 東京都中央区銀座2丁目16番10号
代表者 代表取締役社長 有富 慶二
資本金 120,575百万円
  セイノーホールディングス株式会社(平成18年3月31日現在)
 
商号 セイノーホールディングス株式会社
設立年月日 昭和21年11月1日
本社所在地 岐阜県大垣市田口町1番地
代表者 代表取締役社長 田口 義隆
資本金 42,481百万円
  日本通運株式会社(平成18年3月31日現在)
 
商号 日本通運株式会社
設立年月日 昭和12年10月1日
本社所在地 東京都港区東新橋1丁目9番3号
代表者 代表取締役社長 川合 正矩
資本金 70,175百万円

以上