日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2007年)  >  日通 インド物流企業を買収・子会社化 4月より10都市17拠点で営業開始 日系物流業者としては最大規模

日通 インド物流企業を買収・子会社化 4月より10都市17拠点で営業開始 日系物流業者としては最大規模

2007年4月6日

 当社は、このたび、インドの航空・海運業務代理店である「J I Logistics Private Limited」社(以下「JLPL社」)発行済株式の51%を取得し、社名を「Nippon Express (India) Private Limited」(以下「インド日通」)に変更する契約を去る2月22日に締結し、4月2日に売買を完了いたしました。
 当社は2000年よりデリー首都圏及びベンガルール市(旧市名バンガロール)の2都市に駐在員事務所をおき、また航空・海運業務については従来から「Jayem Impex Private Limited」社を現地代理店として業務を展開してきましたが、近年、インドへの日系自動車関連産業の進出が相次いでおり、これら工場設備の輸送や部材物流の増加が見込まれること、また同国の急激な経済発展に伴い消費財の輸入が増加しており、日本、中国や東南アジアからのIT関連や電機・精密関連の輸入及び現地における倉庫・配送業務の需要も高まっていることもあり、これらを取り込むべく、自社通関も可能なJLPL社の買収を実施いたしました。
 今回のJLPL社買収により、当社グループのネットワークがインド全土の10都市(デリー、ベンガルール、ムンバイ、コルカタ、チェンナイ、ハイデラバード、コチン、トリヴァンドラム、プーネ、コインバトール)17拠点に展開する事になり、また従業員は約300名と、日系物流業者では最大の規模となります。
 なお、本買収により、2007年4月時点の当社グループの海外ネットワークは37カ国、204都市、355拠点となる予定です。

*J I Logistics Private Limited社
本社カルナタカ州ベンガルール市、従来の代理店である「Jayem Impex Private Limited」から運輸関連業務を会社分割し2006年9月に設立

以上

<概要>
 
  買収対象会社 買収後の変更点
会社名* J I Logistics Private Ltd. Nippon Express (India) Private Ltd
本社所在地 カルナタカ州ベンガルール市 → 〃
資本金 INR 10,000,000(約27.9百万円) → 〃
株式数 INR10 × 1,000,000株 → 〃
設立年月 2006年9月(JIPL社は1993年2月)
株主構成 インド側 100% 当社側 51%
インド側 49%
取締役 5名 当社側 3名
インド側 2名
執行体制 社長 Mr. P.Krishna Murthy 社長 Mr. P.Krishna Murthy
副社長 林 利久(当社出向)
業務内容 通関、航空・海運FWD 航空・海運FWD、通関、引越、倉庫
拠点 本社及び国内9都市17拠点 → 〃
人員 約300名 → 〃
売上高 INR190百万(約530百万円)2006 INR359百万(約1,000百万円)

※買収後の社名変更は現在手続中