日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2007年)  >  日通、「e-マジック・伝票ソリューション」の販売を開始

日通、「e-マジック・伝票ソリューション」の販売を開始

2007年8月23日

 当社は、株式会社PFU(社長:輪島藤夫、以下PFU)、トラステッドソリューションズ株式会社(社長:浪川邦俊)と提携し、「e-マジック・伝票ソリューション」の販売を開始します。
本サービスは、3社の共同商品として昨年7月より販売を開始した文書管理のトータルサポートサービス「e-マジック」の配送センター・物流センター版です。
 現在、多くの配送センター・物流センターでは大量の「物品受領書」や「納品伝票」を保管し、取引先からの配達確認等の照会に応じていますが、これらの帳票をPFUが開発した専用システムを通してイメージデータ化し、「e-マジック」のWeb閲覧システムで簡単に検索・閲覧ができるようになり、事後の照会に対して、原本を探す手間が省け、迅速な対応が可能となります。
 原本は当社が専用カートンに封印のうえ書庫センターで保管しますので、スペースの有効活用が図られます。また、保管期限が過ぎた原本は専用カートンのまま溶解処理します。さらにイメージデータについても「暗号化分散※」処理を施しており、原本・イメージデータともにセキュリティー対策は万全です。
 当社は、今後もお客様のニーズに的確に応え、サービスの向上に努めてまいります。

以上

暗号化分散:『秘密分散法』と呼ばれる処理。元データを暗号化しながら2つに分割する方法。復元するには分割した環境にデータ両方を揃えることが必要で、一般的な鍵暗号方式より機密性は高く、鍵の更新や管理も必要ないため長期保存にも適している。

  【e-マジック・伝票ソリューション概要図】