日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2007年)  >  日通 美術品梱包輸送技能者が「卓越した技能者(現代の名工)」に表彰される

日通 美術品梱包輸送技能者が「卓越した技能者(現代の名工)」に表彰される

2007年10月31日

 当社関東美術品支店の笹沼誠吉(ささぬま せいきち・62才)が平成19年度「卓越した技能者の表彰」を受賞しました。美術品梱包輸送における受賞は、平成17年の関西美術品支店での受賞に引き続き、二人目の快挙となります。
 「卓越した技能者の表彰」は、技能労働者の地位の向上を図ることを目的として、我が国最高水準の技能を有し、他の技能者の模範たるにふさわしい卓越した技能者を、厚生労働大臣が決定し、表彰する制度です。
 当社の笹沼誠吉は、入社以来37年にわたり美術品輸送業務に携わり、その経験と技術は美術品業界のお客様から高い評価をいただいております。今回の受賞事由も「美術品の梱包取扱の専門技術者として長年にわたり、その技術の研鑽につとめ、同時にこの分野のリーダーとして移動困難な古代中世の仏像等の梱包・輸送に卓越した技能を発揮している。また、後進技能者への指導・教育に熱心に取り組んでいる。」とされています。
 表彰式は、本日、東京で行われ、本人が厚生労働大臣から表彰を受けました。
 当社は、従業員が「卓越した技能者(現代の名工)」に選ばれたことを会社の誇りとし、これからも美術品輸送事業における伝統と信頼をしっかりと継承してまいります。

以上