日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2008年)  >  日通、ベトナム ミンクアン工業団地(ハノイ)に保税倉庫を建設

日通、ベトナム ミンクアン工業団地(ハノイ)に保税倉庫を建設

2008年4月30日

 当社の現地法人ベトナム日本通運株式会社(社長:白井正和)は、ハノイ市郊外のミンクアン工業団地に、自社保税倉庫を建設します。倉庫の完成は、2008年12月の予定です。

 ベトナムは、高品質な労働力の確保が可能であること、WTO加盟により投資環境が改善されていることから、中国やタイに次ぐ日系企業の進出先として、関心が高まっており、特に同国第二の都市であるハノイ市及びその周辺には、電気・精密機器メーカーをはじめ、既に約250社の日系企業が進出していますが、進出企業が増えるとともに、倉庫への需要が急速に高まってきています。
 ベトナム日通は、2000年7月に設立、航空フォワーディング、海運フォワーディングや海外引越を中心として営業してきましたが、このたびの大型倉庫の建設により、ロジスティクス機能の強化をはじめ、お客様からの幅広い物流ニーズに応える体制を整えます。

 ミンクアン工業団地は、ベトナム北部のゲートウェーであるハイフォン港とハノイとを結ぶ国道5号線沿いに位置しており、ハノイノイバイ国際空港にも90分圏内と、利便性がよいことから日系企業の進出が最も顕著な場所のひとつです。また、ベトナムと中国とを結ぶ中越国境ルートとの接続も容易なことから中越貿易の拠点としても期待されており、同工業団地内に建設される新倉庫は、上海とシンガポールとを結ぶ、陸路輸送ルート「SS7000」におけるベトナム北部の中継拠点となります。
 新倉庫は、定温設備を完備するとともに当社の倉庫管理情報システムである「REWARDS」を導入、VMI(ベンダーマネイジドインベントリー)、JIT(ジャストインタイム)などの高品質な物流サービスをお客様にご提供してまいります。

以上

【施設概要】
名称 : Nippon Express (Vietnam) Minh Quang Warehouse (仮称)
住所 : Bach Sam Commune, My Hao District, Hung Yen Province
敷地面積 : 24,300m2
倉庫面積 : 10,000m2 (内、保税倉庫2,500m2
機 能 : 保税倉庫、一般倉庫
業務開始 : 2008年12月予定