日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2008年)  >  日通、モスクワ郊外に大型倉庫を開設

日通、モスクワ郊外に大型倉庫を開設

2008年6月6日

 当社の現地法人ロシア日本通運合同会社(社長:与田守祐)は、このたび、モスクワ市郊外に大型倉庫を開設し、2009年1月から業務を開始いたします。

 ロシアでは通関事情の改善に伴い、ロシア隣国を介した販売形態からロシア国内での直接販売へ切り替える外国企業が増加、また同国の好調な経済による消費拡大を背景とし、特に一大消費地であるモスクワでは、倉庫需要が急速に高まってきています。

 当社は、2005年6月にモスクワ駐在員事務所を開設、2006年7月に、サンクト・ペテルブルグ日通を設立、翌、2007年7月には、同社モスクワ支店を開設し、ロシア日本通運に社名変更し、サンクト・ペテルブルク地区においては日系メーカーの工場設備の輸入業務を中心に、一方、モスクワ地区においては輸送機器メーカーの製品保管・配送業務や海外引越業務を中心に事業を行っています。現在、モスクワでは協力会社(代理店)の倉庫を活用していますが、業務拡大に伴い、今後ますます需要が拡大して行くロジスティクス業務に積極的に取り組むため、新規に自社倉庫を開設することにしました。

 シェレメチボ空港からほど近いモスクワ市北部に建設される新拠点は、サンクト・ぺテルブルグとモスクワを結ぶ幹線道路へのアクセスが容易な好立地で、総面積は約2万4千m2、現行倉庫と同様、当社の基幹WMS (Warehouse Management System)である「REWARDS」を活用した高品質なサービスの提供が可能です。また、新拠点は施設内各所に監視カメラを設置、24時間体制で警備員が常駐し、加えて、警備会社と最寄の警察への緊急通報体制を確立、万全のセキュリティーシステムを構築します。
 当社は、今後も多様化するお客様ニーズに応えるロジスティクスを提供してまいります。

以上

【施設概要】
名称 : NIPPON EXPRESS(RUSSIA) MOSCOW Distribution Center(ロシア日通モスクワDC)
住所 : Dmitrovskiy region, Gabovskiy rural district, in the region of Ozeretskoye village,Moscow Region,Russia
倉庫面積 : 24,130m2[高床式](事務所、メザニンを含む)
機 能 : 一般倉庫、トレーラーヤード
ドック数 : 24(レベラー付ドック)
業務開始 : 2009年1月予定