日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2008年)  >  日通、海運貨物国際複合輸送部門を強化・拡充

日通、海運貨物国際複合輸送部門を強化・拡充

2008年8月25日

 当社は、本年9月1日付で、海運事業部に「複合輸送担当」を新設します。

 当社は、外航利用運送事業者(以下、NVOCC)として、世界各主要仕向け地を網羅した国際複合輸送のサービス「アローインターナショナル」を提供してきましたが、近年、グローバリゼーションの進展に伴い、マーケットの拡大が著しい中国やインドをはじめとするアジア諸国、ロシアなどの新興市場へ進出する企業が急増し、国際複合一貫輸送のニーズも従来の商品ラインアップの枠を超え、より多様化・高度化しています。
 これらの新興市場においては、通関体制や国内輸送体制が不十分な場合もあり、地域事情に精通した専任者の専門知識に基づいた商品づくりが必要となっています。このような背景から9月1日付けで複合輸送担当を新設し、これら新興国を含む、世界37ヵ国、210都市、381拠点に海外ネットワークを持つ当社が、お客様がめざすサプライチェーンマネジメントの確立をサポートするとともに、海上輸送のニーズにお応えすべく、国際複合一貫輸送のサービスメニューを一層充実させてまいります。

 新設する複合輸送担当には、「企画・開発グループ」「グローバルアカウントグループ」「業務企画グループ」の三グループを設置します。
 企画・開発グループは、中国、ロシア、インド、米欧州、アジア・オセアニアの五つの方面別商品の開発管理を行います。グローバルアカウントグループは、外資系・日系メーカーを問わずグローバル展開するお客様のサポートを当社の海外現法とともに取り組みます。業務企画グループは、NVOCCとしての法務関係の維持・対応はじめ、当社の全世界海運情報システムのグレードアップ推進などを行います。

 複合輸送担当は、業務に精通したスタッフや海外勤務経験者で構成し、各海外地域情報・ノウハウの蓄積、輸送ニーズの分析等を行い、お客様のあらゆる国際物流ニーズにお応えする高品質な輸送サービスとカスタマーサービスを提供してまいります。
 さらに、2009年4月には、海運事業部管内のNVOCC商品を専門に販売する機能、および混載仕立機能を統合し、当社が持つ陸・海・空ネットワーク網による複合一貫商品の総合販売をめざしてまいります。

以上