日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2008年)  > 日通、上海スーパーエクスプレスと内航船を組み合わせた複合一貫輸送サービスを開始

日通、上海スーパーエクスプレスと内航船を組み合わせた複合一貫輸送サービスを開始

2008年12月16日

 当社は、当社が博多-東京間で運航する内航船と、上海-博多間の高速RORO船:上海スーパーエクスプレス(以下SSE)を組み合わせた複合一貫輸送サービス(中四国エクスプレス)を12月15日より開始いたしました。これにより、通常4~5日かかっていた上海発岩国(山口)行及び宇野(岡山)行貨物のリードタイムが最速3日に短縮されます。
 これまでSSEと内航船を組み合わせたサービスは、東京を発着する貨物の取扱を中心にご要望に基づき個別に対応してまいりましたが、より幅広く、またお客様の多様なニーズにお応えするため、東京をはじめ内航船の寄港地である宇野港(岡山)、岩国港(山口)、徳山港(山口)を加えサービスポイントの拡充を図るとともに、小ロット貨物にも柔軟に対応できるよう20ft、40ftの他12ftコンテナの引き受けも可能としました。接続ポイントである博多港では、SSE入港当日の通関、コンテナの搬出入を行い、同日中に内航船との接続を行います。これにより外航船であるSSEと国内輸送手段である内航船との積み替え時間を削減、輸送全体にかかる時間を大幅に短縮致します。

【リードタイム比較表】
 
  発地 着地 リードタイム(最速) リードタイム(従来)
輸入 上海 宇野(岡山) 3日 4-5日
上海 岩国(山口) 3日 4-5日
上海 有明(東京) 4日 4-5日
上海 徳島(徳島) 3日 4-5日
上海 高松(香川) 3日 4-5日
輸出 徳山(山口) 上海 3日 4-5日
有明(東京) 上海 4日 4-5日

 当社は、コストパフォーマンスに優れ、環境に優しい海上輸送サービスを今後も一層充実させ、お客様の物流をサポートするとともに、モーダルシフトの推進にも貢献してまいります。

※SSE及び当社内航海運サービスについて
 SSEは、当社の子会社である上海スーパーエクスプレス株式会社(社長:中村治)が上海-博多で運行する高速RORO船です。時速20ノットという高速で上海~博多間を28時間で運航、トレーラーでの直接積込み/荷卸が可能なRORO船で、効率的かつ迅速な荷役作業が可能です。また当社の内航船サービスのうち、「東京-九州・瀬戸内航路」は、商船三井フェリー殿と当社が同型の高速RORO船を2隻ずつ(計4隻)運航し、デイリーサービスを提供しています。この2つの高速輸送船を組み合わせることで、大消費地である東京はもとより中国・四国地方においても上海との輸送時間を短縮、高速で環境にやさしい国際輸送を提供致します。

以上