日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2009年)  > 日通、アイルランドの日系フォワーダーで初めてAEO資格を取得

日通、アイルランドの日系フォワーダーで初めてAEO資格を取得

2009年3月26日

 当社の現地法人であるアイルランド日本通運(社長:伊藤豊)は、この度、アイルランドにおける日系フォワーダーとして初めて、EUの認可事業者(AEO:Authorized Economic Operators)資格を取得しました。これは、2008年4月に欧州内における日系企業として初めて取得したオランダ日通に続く、欧州の日通グループで二社目となります。

 AEO資格を得るためには、適切な通関検査ができる商業上・運輸上の管理システムの整備やコンプライアンス、財務の健全性、適切なセキュリティ・安全基準の維持などが審査の対象となりますが、審査の結果、アイルランド日通は、「税関手続きの簡素化とセキュリティ・安全性の両方の優遇措置の適用」を受けられる資格を取得しました。これは同社の通関やセキュリティの品質が広く認められた証でもあります。

 アイルランド日通は、英国日通の子会社として1992年に設立、ダブリンとコークに拠点を持ち、医薬・医療機器やハイテク産業など高付加価値産業を中心に事業を展開しております。今後も同社はお客様ニーズに応え、英国をゲートウェイとした高度なトータルロジスティクスサービスを提供し、さらに積極的な営業展開を進めます。

 欧州に広がる日通グループ各社では、通関手続きの優遇措置を与えられるAEO資格取得に向け積極的に取り組んでおり、今後も各社で取得を目指し、お客様の国際的サプライチェーンを強力にサポートしてまいります。

以上