日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2009年)  > 日通、上海向け海上混載サービスを拡充!-京浜港・名古屋港発をデイリー化-

日通、上海向け海上混載サービスを拡充!

2009年7月6日

-京浜港・名古屋港発をデイリー化-

 当社は7月6日CFS Cut本船より、上海向け海上混載サービスを拡充いたします。
京浜・名古屋・阪神(大阪・神戸)・博多の各主要港発の上海向け海上混載サービスのスケジュールを見直し、京浜港と名古屋港についてはデイリー化、阪神港・博多港についても増便いたします。

 京浜港発では従来、週3便体制であったサービスを週5便体制(月曜日~金曜日各1便)と致します。このうち、金曜日をCFS Cut日とする1便はウイングトレーラーを活用した超高速混載サービス「上海飛龍特快Wing Dragon Express Shanghai」にてサービスを設定いたします。
 また、名古屋港発では現在の週3便体制から週5便体制へ増便、さらに「上海飛龍特快」を加え合計週6便体制(月曜日~木曜日各1便、金曜日2便)といたします。
 阪神港発および博多港発についても、それぞれ「上海飛龍特快」を加えて増便し、主要港における上海向け海上混載サービスの拡充と利便性の向上を図り、ますます増加する中国華東地区向け小口貨物の海上輸送ニーズに対応してまいります。

 これらのサービス拡充により、お客様の船積日の選択肢を広げるとともに、生産、出荷、通関等に遅延が発生した場合でも、翌日船や超高速サービスを利用頂くことで、迅速なリカバリーが可能となります。
また到着地上海においては当社現地法人である上海通運国際物流有限公司(社長:小麥俊也)にて通関、配達等の付帯サービスも提供しており、2010年に開催予定の上海万博に関連する貨物の対応にも十分な体制となっております。
「上海へ、思いついたら日通で!」をキャッチフレーズに当社では、この他にも華東向け高速船サービスの週3便への拡充や中国高速鉄道への接続サービス等、さまざまな中国関連輸送メニューを取りそろえ、お客様の多様なニーズにお応えしてまいります。

以上

<上海向け海上混載サービス拡充内容>
 
 
京浜港発 1便 1便 1便 1便 1便
超高速サービス
「上海飛龍特快」
 
名古屋港発 1便 1便 1便 1便 2便
※内1便は
超高速サービス
「上海飛龍特快」
 
阪神港発 1便   1便   2便
※内1便は
超高速サービス
「上海飛龍特快」
 
博多港発 1便   1便     1便
超高速サービス
「上海飛龍特快」
上記は、いずれもCFS Cutの曜日です。

※超高速サービス「上海飛龍特快」
 京浜・名古屋・阪神CFS Cut 金曜日 → 上海CFS 月曜日 (所要日数 3日間)
 博多CFS Cut 土曜日 → 上海CFS 月曜日 (所要日数 2日間)