日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2009年)  > 日通、川崎CFSを開設して、海上混載サービスを拡充

日通、川崎CFSを開設して、海上混載サービスを拡充

2009年8月3日

 当社は、2009年8月3日より定期海上混載サービスの荷受地の一つに川崎CFS(神奈川県川崎市川崎区東扇島)を新設し、「川崎CFS発全世界向け」混載サービスの販売を開始いたします。

 当社は、関東地区において、東京と横浜に自社CFSを設置しておりますが、お客様の更なる利便性向上のため、本年5月に開設した千葉CFSに続いて川崎にも自社CFSを開設し、東京・横浜・川崎の3CFSで同質のサービスをご提供いたします。川崎CFSで荷受後、東京・横浜CFSと連携し、自社仕立てコンテナにバンニング、船積みを行い、世界各国へお客様の大切な貨物をお届けいたします。
 川崎CFSでは、近隣の梱包工場と連携し、輸出梱包作業も併せてご提供する準備をしております。これにより、梱包工場からCFSへの輸送料のコスト削減と船積・梱包作業の発注先を一元化する事でお客様の輸出業務を一貫してサポートできる体制を整えております。また、東京や横浜と比べ、周辺道路の交通渋滞やCFSでの待機時間が比較的少なく、スムーズな持ち込みが可能な上、アイドリングの削減につながり、地球環境にも優しいCFSとなっております。
 当社の混載サービスは、自社仕立てで海外の仕向け地までの一貫輸送による安定したスケジュールと発着地共に当社グループの施設・オペレーションで高品質なサービスを提供しております。また、ご要望により、東京・横浜でのTHRU B/Lの発行、集荷・通関等の日本国内の付帯作業、及び到着地以降の現地通関・現地国内輸送についても対応可能です。

 当社では、従来から国内主要港を中心に海上小口貨物輸送(アローインターナショナル)サービスを展開しておりましたが、今回、港単位ではなく関東地区というエリアで混載貨物を受託すべく川崎CFSをラインナップに追加します。グローバルネットワークをさらに拡充し、川崎CFSから全世界の仕向地まで当社の手による自社一貫輸送を提供することでお客様の物流をサポート致します。

※CFS(コンテナ・フレート・ステーション)
 輸出入貨物(主として小口貨物)の荷さばき用の施設。輸出される貨物(主として小口貨物)の荷受・行先別の仕分・コンテナ詰め、輸入混載貨物の仕分作業等が行われる。

※THRU B/L(THROUGH B/L:通し船荷証券)
 複合一貫輸送の場合に発行される船荷証券。複数の輸送者や輸送手段を利用していても、発地から着地まで単一責任でカバーできる。

以上

<川崎CFS所在地>
神奈川県川崎市川崎区東扇島27番4号
川崎海運支店東扇島国際物流センター内
写真:川崎CFS