日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2009年)  > 天宇客貨運輸服務有限公司、日通国際物流(中国)有限公司に社名変更

天宇客貨運輸服務有限公司、日通国際物流(中国)有限公司に社名変更

2009年8月24日

 当社の中国における現地法人である天宇客貨運輸服務有限公司(本社:北京市、社長:森哲夫)は、2009年8月(※)より社名を「日通国際物流(中国)有限公司」に変更し、当社グループとしてのブランド力の向上を図ります。
 当社グループは中国32都市において、20社が98拠点で営業しておりますが、同社は、1995年に中国企業との合弁で設立以来、21都市30拠点で航空貨物、海運貨物、国内輸送、倉庫、引越しなど総合的な物流サービスを提供するロジスティクスプロバイダーとして当社中国展開の中心的存在にまで成長いたしました。2009年2月には、当社は同社の中国側パートナーから、その出資持分の大部分を取得し、連結対象会社としました。これにより、当社の連結経営に大きく寄与すると同時に、同社の経営判断を迅速化いたしました。
 世界の経済状況が不透明な中、中国では2009年第2四半期(4~6月)のGDPが対前年同期比7.9%の伸びとなり、今後も内需を中心とした成長が期待されます。
 同社では、経営権の取得と社名変更を機会に、中国国内の当社グループ各社のネットワークも活用して国内物流部門を強化するなど、力強く成長する中国に呼応してこれまでに培ったノウハウを活かした高品質なサービスを、日系企業のみならず、外資系、中国系企業にまで幅広く提供してまいります。

 ※社名変更については、本社及び各支店において、各地での手続きが終了次第順次変更し、8月中には全ての支店で「日通国際物流(中国)有限公司」となる予定です。

以上