日本通運 日本通運

  1. 日通トップ  >  ニュースリリース一覧(2009年)  > 日通、上海発海上混載サービスに高速サービスを追加 「上海飛龍特快47」(英語名:Wing Dragon Express SHANGHAI 47)

日通、上海発海上混載サービスに高速サービスを追加
「上海飛龍特快47」(英語名:Wing Dragon Express SHANGHAI 47)

2009年10月27日

 当社は10月19日本船出港分より、上海発日本向け海上混載サービスに高速混載サービス「上海飛龍特快 47」を追加いたしました。

 「上海飛龍特快47」は、既に7月より運行している日本発上海向け高速混載サービスである「上海飛龍特快」の上海発日本向けサービスとして開始したものです。小口貨物の緊急輸送に対応するべく、中国華東地区における当社現地法人の上海通運国際物流有限公司(総経理:小麥俊也 以下、上海通運)と共同で、当社子会社である上海スーパーエクスプレス株式会社(社長:寺内昌弘)が運航する高速RORO船:上海スーパーエクスプレス(以下、SSE)を使用した高速海上混載サービスを、既存の海上混載便に追加いたしました。従来のサービスと併せてお客様の選択肢を増やすことで、幅広い輸送ニーズにきめ細かな対応を図ってまいります。

 本サービスは上海においては、SSEの着岸するバース内施設をCFSとして活用し、上海-博多間の輸送においては上海向けサービスと同じく、フルウイングタイプのトレーラーに貨物を混載することで、発着両端のCFSにおける作業効率を改善することができます。 これにより、上海でのCFSカットを本船出港日とし(輸出通関済み貨物)、高速RORO船のスピード性を最大限に活かした設定となりました。
 これまで本船出港前々日と設定されていたCFSカット時間を、本船出港当日まで延長することで従来便と比べ最大2日間の短縮が可能となり、上海CFSから博多CFSまで3日間という、海上混載輸送としては驚異的なスピードを有したサービスが実現しました。さらに中国側では上海通運の提供する中国国内輸送、倉庫、保管、通関等のサービス、日本側においては鉄道、内航海運、トラック等の当社国内輸送ネットワークと組み合わせることが可能となり、ドアツードアの一貫輸送にも対応し、特に鉄道、内航海運においてはCO2の排出量が少なく環境に優しい輸送サービスが提供できます。

 この「上海飛龍特快47」の開始により、「上海飛龍特快」と併せた、フルウイングトレーラーを使用した高速混載サービスの往復化が実現、ご好評を頂いているSSEと日本国内鉄道輸送網を組み合わせた複合輸送商品であるSEA&RAILサービス等の、高速輸送商品ラインナップに加えることで、コンテナ1本に満たない少量貨物の高速海上輸送に対応してまいります。

以上

特長:
  1) 高速RORO船を使用することで安定したスケジュールを確保
    ・毎週月曜日上海出港/水曜日博多入港
  2) 上海側では本船出港当日のCFSカットを設定(通関済み貨物)
    ・上海では本船着岸バース内のCFSを使用
  3) 博多では本船入港当日の輸入通関、貨物お引き取りが可能
    ・通関後は当日中に航空、鉄道、内航、小口路線便等、国内各輸送手段に接続致します
スケジュール:
  ブッキングカット 金曜日 正午
  上海CFSカット(通関済み) 月曜日 正午
  本船上海出港 月曜日 夕刻
  本船博多入港 水曜日 午前
  博多CFSリリース 水曜日 11:00

(未通関貨物のCFSカットは日曜日正午です。またCFSカットについては通関済みであることが条件とし、その他関係書類、電子情報の送達が完了していること等、別途必要条件がございます)

当社はこの高速海上混載輸送サービスをラインナップに加え、中国発着輸送における様々なニーズにお応えすべく、輸送需要に基づいた多様な輸送モードを展開してまいります。